fc2ブログ

記事一覧

20181122 プレバト!!俳句紹介【結婚式】

2018年11月22日放送 プレバト!!
出演者が詠んだ俳句を紹介します。

[オープニング]
浜田
 豊崎さん、これ何ですか?女性ばっかりですけど。
豊崎アナ 今回は特別に俳句のお題が出演者の皆さんにちなんだ1枚となっているんです。

●お題:結婚式

豊崎アナ 今回は独身女性の皆さんに「結婚式」というお題で俳句を詠んでいただきました。
浜田 東さん、かわいそうな回になりました。
出演者一同 失礼な!そんなことない!
馬場 湯水のように湧いてくる恨み辛み
一同 (笑)
馬場 ただ、参列するだけでなくて司会者としてよく結婚式に参加していて、エア席次表作っちゃうくらい。「私だったらどうするかな」とか。
森口 わかる~。
東国原名人 
結婚式の写真でこの方たちをブッキングするっていうのは、相当ね…。この空気見てよ!(笑っているのは浜田だけ)こんな空気になるから。
浜田 こりゃもう全然面白くなる!と私は思っています。
一同 (笑)

浜田 
先生!今回のお題、狙いはどこにあるんでしょう?
夏井先生 以前「離婚届」(7/26放送)やったでしょ?
あんとき妙にリアリティーのある句があった。生々しい実体験が俳句の材料の核になる
今回もお題を自分に引き寄せたリアリティーのある句もありましたし、
兼題写真にただただうろたえただけの人もいました。
浜田 筒井さん!今回のお題はどうですか?
筒井 いや~、いいお題でね。
豊崎アナ 実は筒井さんはある不安を抱えているそうで…。
筒井 孤独死ですね。
森口 わかる!保険の問題とかね。
馬場 管理人さんと仲良くしたりね

[順位発表順] 3位→2位→最下位→5位→4位→1位

結婚観について

浜田 真琴さんは結婚したい気持ちはあるの?
真琴
 70歳くらいまでには結婚したい。
豊崎アナ 実は3日後がお誕生日で54歳になられます。おめでとうございます
独身女性一同 おめでとうございます。
馬場 (70歳まで)あと16年。
浜田 (紫吹に)ご結婚は諦めてるんですか?
紫吹 諦め…、でも先輩(真琴)が70歳までにとポジティブな発言を。私も先輩を見習って70歳くらいまでに結婚できたらいいなっていう。
豊崎アナ 3日前に50歳の誕生日を迎えられました。おめでとうございます
紫吹 なんで年齢言うの?
浜田 市川さんはまだ独身なの?
市川 はい、独身です。42歳です。
筒井 まだまだ!
市川 そうですか。先輩。

○順位別に見ていきます

◆1位 才能アリ70点 筒井真理子
きゝ慣れし 聲(こえ)のあたらし 秋の婚

【本人談】
晩婚の友達が(神父に)「誓います」という言葉を言ったときに、いつも聞きなれてる言葉なのにすごくたくましくて、「秋の婚」というのは晩婚・2回目の結婚を表す気持ちで詠んだ。

東国原名人 感性は素晴らしい。ただ「聞きなれし」というのが誰の声なのか?というのが情報としてほしかった
本人 新婦さんの声です。
東国原名人 これだと両親かもしれない。相手が限定されるともっとグーッと来たなあと思う。
本人 いやぁーん。特待生にいきたいから。

夏井先生
名人エライ!名人素晴らしい!
この句のもったいない所はまさにそこ。良いところから。
結婚式の場面というのは色んな印象的な場面が一杯出てくるので、アレもコレも書きたくなって破裂するというのは良くあるが、この句は「聲」の一点だけに絞った。この判断はとても良い。
しかも、読み進めて「聲があたらし」って何だろうと一瞬思った瞬間に「秋の婚」という秋の季節と結婚式という場面が一気に出てくる。この展開もとても良い
もったいないのは上五だけ。冷静に考える。
なぜ「聲が新しい」と感じるかといったら、'聞きなれて'いる知っている声だから新しいと感じる。中七さえあれば上五は言わなくても伝わる範囲のこと。それを名人は一発で見抜いてここですねと言ったと。
本人 そっかあ。
夏井先生 そうなのよ。
ここから、どうするかという展開。
「新郎の」とかいきなり出すよりも最後に「秋の婚」で結婚式とわかった方が印象が強いから、ちょっとだけ「何の場面かしら?」と思わせるように「宣誓の」くらいにしとく。
何かを誓う。宣誓っていうとスポーツで「宣誓!」というのもあるし、色んな宣誓の場面がある。
あ、張り切ってるんだ!とわかった瞬間に「秋の婚」の新郎新婦かとわかる。こうやれば完璧。

森口 鳥肌立った!
浜田 先生。筒井さんは4回目の才能アリ1位ということなんですが、特待生昇格はどうなんでしょうか?
夏井先生
筒井さんの実力とセンスは大いに認めております。でももうちょっと慎重になって特待生になってから落ちないように、あと1回だけ見せてください
東国原名人 えぇ~!上げて欲しいなあ。それで、柴田さんと交代してほしい
浜田 コラ!観てるから!柴田さんも。

添削後
宣誓の 聲のあたらし 秋の婚

◆2位 凡人60点 真琴つばさ
嫁(ゆ)く友に 言祝(ことほ)ぐ胸は 秋の晴れ
※「言祝ぐ」はお祝いの言葉を述べて幸運を祈ること。

【本人談】
10年くらい前に同期生(宝塚の?)が結婚した。その子の結婚式のスピーチをしたとき、ずっとともに歩んできた友が行ってしまう寂しさとか、色んな事が蘇って、彼女がキラキラしている姿が秋の晴れを感じて、すごく胸が一杯になった。

浜田 でも人の結婚式ばっかり出てて寂しくなったりはないですか
本人 独身女性をそう思わせようと大体世間はそう持っていきません?でも実はそうではなく、結婚式をしない方が多い。でも結婚式は幸せのおすそわけでもあるので、なるべくしていただきたい。出たい
森口 感動を共有したいんですよ。

夏井先生

問題点は2つ。
1つ目は「嫁(ゆ)く」という無理やりな読み方。「嫁(とつ)ぐ」にすればいいが、「に」を入れたため1音字余りになると判断したのだと思う。「に」が説明的で邪魔になるので消し、「嫁ぐ友」とすればちょうど5音になる。
「言祝ぐ」でいったんカット(意味)が切れる。
問題の2つ目が「胸」。「胸は」が説明になっている。「嫁ぐ友言祝ぐ」という状況があって、「秋の晴れ」という季語があれば、胸の中も晴れ渡っていると。もう、嫉妬だとかドロドロしたものじゃないというのはこの季語で一発でわかる。
余った3音を「秋の晴れ」の状況・映像の描写に使えばよい。
秋の晴れわたる」とする。こうすると気持ちよく空が広がっていく。

本人 大空でしたね!今。
浜田 直されるとこっちの方が。
本人 チッ!はい…。
浜田 1回舌打ち入ったやん。

[ここがポイント]
映像として表現する

添削後
嫁(とつ)ぐ友 言祝ぐ秋の 晴れわたる

◆3位 凡人58点 森口博子
春愁ひ お局(つぼね)滾る(たぎる) ブーケトス

本人 「何で結婚できない?」と良く書かれるんですけど、「出来ない」んじゃなくて「選んでないだけ」です(笑)。

【本人談】
私も実際経験がある(=実体験だ)が、知り合いの披露宴に参加してブーケトスの時に「独身の方集まってください」で行った。若い子に交じってすごい(意欲に)燃えてる自分が滑稽で、勝っちゃったんですよ(ブーケを取った)。早8年効果が全然出てません

東国原名人
ダメダメ、コレ。こうなるんだよ。「お局滾る」に気持ちが出てるもんね。これは字面だけではわからない。

夏井先生
俳句に「お局」なんて言葉を引っ張ってくるというこの発想がね、思い切ってますよ
普通の俳句的感覚なら「お局滾る」を変えたくなるが、多分これ一番作者としては「イケたな」という所でしょ?
本人 思いました。
夏井先生
そうでしょ、そのニオイはプンプンするんで。中七は活かしてみる。
お局を滾っているのがブーケトスの現場だというなら、「春愁ひ」という肝心の季語の特に「愁ひ」がお局の心情を説明してしまっている
本人 重なってる。
夏井先生
季語を説明に使ってるという展開になる。この現場でお局が張り切って滾ってたら、お局の複雑な思い、ちょっと愁いている思いというのは絶対伝わるから「愁ひ」はいらない方がいい。
本人 なるほど!
夏井先生 まだなるほどじゃない!こっからだから。
このお局のアップから。「お局は滾るよ」と一回詠嘆する。お局は何で滾ってんのよと思った瞬間に、「春のブーケトス」とくる。
そうするとあなたのお話の通り、「お局が掴んだんだな」と思う人はいっぱい出てくる。
本人 さすがですね!なっちゃん。素晴らしい。
豊崎アナ 実は森口さん、一度プロポーズされたことがあるという…。
本人 一度だけじゃないんです~。
浜田 何それ。お断りしてきたの?
本人 あの、仕事が本当に楽しい時期で「仕事が忙しいから」と断ってたらこんなになっちゃった。でもプロポーズがすごいドラマティックだったなというのは覚えてます。何か食事に行ったんですけど…。
浜田 もう結構です

[ここがポイント]
季語を説明に使わない

添削後
お局 滾る ブーケトス

◆4位 凡人55点 馬場典子
流れ星 指に差し込む 引出物

本人 ドジ。自分の句にミス見つけちゃったんですよね。反芻してて。
浜田 そうですか?

【本人談】
引き出物って結婚式の楽しみの一つ。独身の女性にとっては、家まで待ってくれる人もいないし、重い。その重みが新郎新婦の幸せの重みなんだと(手提げの紐が手の指に)食い込んで…痛い。その日の帰りの夜道…「私も大丈夫なのかな?」みたいな(徐々にトーンダウンする)。

浜田 あなたこっち(発表待ちシート)よりそっち(ランキングシート)の方が声小っちゃいよ。こっちの時結構しゃべってたけど

東国原名人 ミスに気付いた」というのはどこですか?
本人 最初「指に食い込む」とした。
東国原名人 そっちのが全然良いですわ! 
本人 星だから、誰か見守ってくれるみたいな「光が差す」とかの意味合いを掛けちゃったのと、多分「流星や」にした方が自分の想いとか季節感とかが出たなと。

夏井先生
何でやらないの?
全部自分で言えてるじゃないですか!今。
俳句コーナー丸5年くらいやってるけど、自ら正解を言った人初めて。ここにきて。
血迷って「差し」って。食い込むんでしょ。「食い」込めば良いんだよ。
上五も「流星や」だけでしょ。
浜田 言うた通りや。
夏井先生
最後に引き出物がどっしりと読み手の指にも食い込んできます。
これなら間違いなく才能アリ
やれるのにやらない女がここに一人。

添削後
流星 指に食い込む 引出物

◆5位 才能ナシ35点 紫吹淳
春一番 舞い立つ裾に 名を変えて

【本人談】
結婚式の写真を見て、ここに強い春風が吹いてウェディングドレスの裾が巻き上がる状況をイメージした。同時に風が古い旧姓を持ち去ってくれて新たな苗字を持ってくるというそんな日が来たらいいなという想いを込めて。

東国原名人 普通に読むと「春一番」という名前が「舞い立つ裾」に変わったんですよね。今年から「春一番」を「舞い立つ裾」と呼びましょう。
【イメージ】 ニュース 
NEWS 全国的に南風強まる
関東地方で「舞い立つ裾」吹く

今年は「舞い立つ裾」がまだ吹かないわね!という会話みたい。素直に読むと。
真琴 さすが名人。
本人 違う…。

夏井先生
この書き方では作者が言いたいことは伝わらない
何をやらないといけないかと言ったら、「裾」がスカートではなくドレスの裾だという事と、「名」というのが旧姓だということを書かないと、さっきの名人の解釈に落ちていく。
春一番」で「裾」が出てきたら強い風なので「舞い立つ」というイメージは出てくるので消す。
ハッキリと「ドレス」と書く。「ドレスの裾も」とする。なんで「も」にするかといったらこっから苦しいから。
「名」はただの名ではなく「旧姓」と書かないといけないでしょ。4音もとる。「名を変えて」は全て消さないと入らない。
馬場 「旧姓も」。
夏井先生
そうそう。誰かが言ったが「旧姓も」として並列にするしかない
「旧姓も」の後に「舞い上がるのかな?」「吹き飛ばされるのかな?」という風に、最後の空白を読み手が想像してくれる。してもらうしかない。
いずれにしても日本語として無理がありました

添削後
春一番 ドレスの 旧姓も

◆最下位 才能ナシ10点 市川由紀乃
クマわたし 揺れる母観て 露寂し」

馬場 
これ私(意味が)わかります。
浜田 
さすがに俺でも(ダメなの)わかるわ。

【本人談】

披露宴の最後に、自分が生まれた時と同じ体重のテディベアを母親に渡すというシーンを「クマ」を「渡す」。「わたし」は"渡し"と自分自身の"私"を掛けた。クマを受け取った母親の揺れ動く寂しい思いを娘として感じるという。

東国原名人 これが出た瞬間に馬場さんだけ「わかる!」
馬場 司会してますから!

夏井先生
久しぶりにスゴイのが来た
今話聞いて「わたし」は"私"と"渡し"を掛けてんの?
浜田 みたいですよ。
夏井先生
つまらん工夫ですね~。もう全くわからないとしか言い様がない
10点つけたけど5点でも良かった。
季語の問題から片づける。季語らしきものがどこにあるか。
」は冬の季語ではあるが、この句にそのような季語感はないから、「」が季語かなと読んだ。
露寂し」という言い方は「ほんの少し寂しい」「ちょっと寂しい」という副詞の様な使い方もするので、季語なのかどうかハッキリしない
「寂し」と言わなくても寂しさは表現できるので、下五を季語として使うのは諦める。下五は消す。
次の問題点は「クマ」。「クマ」ではテディベアだとわからない。テディベアならそう書く。
「クマ」消して、(笑いながら)悪いけど下五の方に「テディベア」と…。
浜田 もう先生笑うてもうてるやん
夏井先生
なんかね、怒る気力もなくなる
最後に「テディベア」と出てくる語順の方がこれかとわかる。
「わたし」も言うな!「揺れる」って揺れるな!「母観て」も何言ってんだか、もう観るな
浜田 「母」しか残ってないじゃないですか!
本人 原型がない。
夏井先生
嫁ぐ」という状況をはっきり書く。「」と入れれば、いっぺんに状況と季語が入る。
母へ」ですね。テディベアはお礼ですね。だから「感謝の」とする。
これであんたの言いたいことは一応出る。
もう久々だった、こんなの。

添削後
嫁ぐ秋 へ感謝の テディベア

★永世名人への道★

東国原名人
1回星がなくなった時(一歩後退)のあの「首筋にキス跡」の句。ずっとトラウマになってる。
新幹線の中である中高年の女性に、「あんた見たよ!このスケベ!」そんな風に見られてるんだと。
だから爽やかに爽やかに。頑張りました。

冬近し チリ人娶る(めとる) 過疎の村」 東国原英夫

【本人談】
少子高齢化で地方にはお嫁さんが来ないです。タイの方とかフィリピンの方とかはあるんですが、とうとうチリの方をお嫁さんにする。これから村は厳しい冬を迎えてお嫁さんをチリからもらう。社会問題等々とか過疎の村の方々の心情を詠った。

夏井先生
この句の評価のポイントは「過疎」の一語です。

本人 そこ?

■査定結果
名人10段へ1つ後退

本人
 まーたー?

理由:説明しなくても描ける

夏井先生
「説明しなくても描(えが)ける」と(浜田が)言った瞬間にみなさんが「はぁ~」と言った。
その「はあ~」がまさに「過疎」の一言。
最初これ読んだ時に、「娶る」というのが冷え冷えしていて冷たいなと。「チリ人」とかね。
そのため「冬近しチリの花嫁来たる村」という添削例を考えていた。
今の話を聞いて、「チリ人娶る」で社会問題としてこの句が存在しているとはっきりとわかった。となれば中七は使った方がいい。
語順変えた方がいい
チリ人を娶る」で始め、「過疎の」を消して余った音数で1文字「々」を入れて「村々」とする。
1つの村ではなく、あそこの村も ここの村も どこそこの息子がチリ人を娶ったらしいぞという噂も村々に広がっていく。
そういう村にとうとう冬が近づいて来ているよ。
こうすると、この句は社会問題の方向に軸足がある一句だと読んだ人は思ってくれる。
でも、こういう発想ができるというのがやっぱり名人。ここは強く褒めておきたい。

浜田 1つ前進してまた後退しましたね。
本人 もうね。自分の人生みたい。上がったら下がって。上がったら下がって…。
浜田 チョロQみたいなってるもん

添削後
チリ人 娶る村々 冬近し

編集後記
今回は11月22日の放送日が「いい夫婦の日」ということで、独身女性を集めての結婚式のお題でした。ジューンブライドとは言いますが、11月に結婚式の数が多いのは意外でした。
1位の筒井さんは5回目の査定で4回目となる才能アリ1位でした。「聞き」を「きゝ」とする表記の工夫もさることながら、発想のセンスが評価された深みのある句でした。上五の添削は受けましたが、やはり添削なしの句で特待生に上がってほしいという感じでしょうか。前回あたりから特待生になることを意識しすぎているので力まないか心配です。
2位・3位の句は「胸」「愁ひ」がそれぞれ説明的であるという指摘。2位の句は散文的である点もひっかかりました。3位の句は中七の印象が強いため、17音に詰め込みすぎた感もありましたが、当の本人は感受性が強いのか素直に先生の添削を受け入れていました。
さて、4位となった特待生候補の馬場アナですが、自身のミスを完璧に修正しました。確かに番組初でしょう。先生から「なぜやらないのか」と痛烈に指摘される始末となりましたが、5位の添削でも正解を答えるなど逆に特待生への期待も上がる一幕でした。
才能ナシの2名は日本語として伝わらない結果に。5位は「舞う」、最下位は掛詞(というよりダジャレ)に加えて「観て」というありきたりな言葉を上手く使えず添削されました。そして最下位は季語も良くわからないことに。しかし、季語の力があるのかどうかはこういう句もあってこそ理解できるという意味で良い見本でした。また頑張ってもらいましょう。
さて永世名人を目指す東国原名人は、社会問題として国内の地方の国際結婚に焦点を当てた句だと最初良くわかりませんでした。少子高齢化云々というのは少々狙いすぎな感じもありましたし、詩情に欠ける印象も。「村」といえば大体「過疎」なのではと思いますし、個人的には海外の村を想像してしまいました。東国原名人と夏井先生の句の受け取り方に大きな差がある印象で、査定は結果的に振り出しに戻る形に。他者への指摘は絶好調なのに、自分の句の精度を上げる難しさを思い知ったことでしょう。「後退」は「降格」の効果音なのでまたトラウマになるかも。
今回は唯一の既婚女性となる豊崎アナの話し方に容赦ない感じがあり、台本とはいえ面白かったですね。ナレーションの銀河さんが少し鼻声だったのか声が出し辛そうでした。私も風邪気味でしたので、本当に健康管理に注意したい季節です。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

「降格、後退」の効果音

「後退」は今では「ボツ」の効果音にもなりましたよね。

Re: タイトルなし

もりりん様

いつも閲覧ありがとうございます。
二階堂さんのコメントについての私見ですが、バラエティー的要素の強い発言だと思います。
本当に俳句に出たくなければそもそも番組内で発言しませんし、今回は独身女性に限っているためキャスティングできなかった可能性も。
次回の北山さんは平場の最多出場を争っているためこの件についてコメントありそうな予告でしたし、しばらく様子を見た方がいいのでは。

2階目のコメントしますもりりんです。
更新お疲れ様です。
1位筒井さんは特待生に本当目の前の所まで来ましたね。挑戦はして欲しいですけど挑みすぎて砂浜の時のような空振りが怖いです。冬麗戦には間に合わなさそうですね。柴田さんみたいになりそうです。

さて、少しお聞きしたい事がありまして。今回のプレバト、いけばなのコーナーにキスマイ二階堂が出てましたね。そこで「俳句はもうでない」発言から「本当に呼ばれなくなった。」についてはどう考えますか?
私は二階堂はいけばなで実際記録出してるので本当に出なさそうな気がして少し寂しいです。

来週は北山が出るそうですし特待生昇格は十分あり得ると思いますし(公式HP予告VTRから)、そちらにも期待ですね。

長々とすみません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プロキオン

Author:プロキオン
俳号「白プロキオン」。全てのブログ記事を編集しています。
毎度閲覧いただきありがとうございます。時間があるときにでもどうぞ。
全俳句を掲載してほしいなどのリクエストはコメントしていただけると助かります。

ツイッターでは番組の放送予告などをツイートしています。以下リンクからどうぞ。
プロキオン
***
番組公式ツイッター
***
着流きるお氏(プレバト兼題で俳句を独自査定する若手俳人・ブログ編者とは無関係です)
***
夏井いつき氏(プレバト!!出演の俳人)

人気記事ランキング

↓訪問者数です