fc2ブログ

記事一覧

20240229 プレバト!!俳句紹介【回転寿司】

2024年2月29日放送 プレバト!!
出演者が詠んだ俳句を紹介します。
※15日に全て更新しました。大変お待たせして申し訳ありません。
【番組公式】X(旧Twitter)/インスタグラム/TVer(ティーバー)
夏井いつき俳句チャンネル/⇒YouTubeまとめ記事

挑戦者→湘南乃海桃太郎[初],御嶽海久司[2],島津海空[初],一山本大生[初],若元春港[初],千原ジュニア[106],梅沢富美男[218] ※数字は挑戦回数

●お題:回転寿司
回転寿司


※番号クリックでリンク内移動します。
1才能アリ1位71点湘南乃海桃太郎
春場所前夜鯛の握りを十五皿はるばしょぜんやたいのにぎりをじゅうごさら
2才能アリ2位70点御嶽海久司
赤貝や父のアガリの緑濃しあかがいやちちのあがりのみどりこし
3凡人3位45点島津海空
鯛掲げ春場所終えし夢をみるたいかかげはるばしょおえしゆめをみる
4凡人4位40点一山本大生
ナマモノが苦手な僕は浅利汁なまものがにがてなぼくはあさりじる
5才能ナシ5位30点若元春港
桜鯛皿取り思う宇良ピンクさくらだいさらとりおもううらぴんく
6永世名人32句目に
掲載決定
千原ジュニア
回転寿司小さき手小さき春を取るかいてんずしちさきてちさきはるをとる
7特別永世名人なのに
ガッカリ…
梅沢富美男
海の陽をたたえて碧し海苔の艶うみのひをたたえてあおしのりのつや
順位発表順:4位→3位→2位→最下位→1位
→編集後記

清水アナの俳句査定(プレバト!!公式Xより)
清水麻椰アナの俳句夏井先生評
二周目も取られぬ鮪 花曇
ギリギリ才能ナシ。(本人 ア゛~ッ!)
鮪は冬の季語やろ。(本人 そぅ)
で、泳いでるみたいやんか。えっと「二周目の鮪の皿や」ぐらいで回転寿司と分かるし、季語の力が落ちるし、季語がちょっとだけ花曇が立つし。(本人 あぁ…)
いっぱい喋ってしまった…。
<通算成績>:○3△17×1


🔷挑戦者語録 ※人気力士が集結
若元春初挑戦※西の関脇(三月場所)で初場所成績10勝5敗。横綱照ノ富士を倒し、殊勲賞を受賞した30歳。得意技は土壇場で逆転を決める「うっちゃり」で人呼んで「令和のうっちゃり王」。
「(俳句は)結構山ほど考えたんで、その中から良い句を出したつもりです」
湘南乃海初挑戦※東前頭12枚目(三月場所)で初場所成績4勝11敗の25歳。身長193cmで、四股名の由来は本人が大ファンの「湘南乃風」。小6で既に189cmだったが、お化けが怖くて中2まで母親と一緒に寝ていた。
浜田 回転寿司行ったら何皿くらい食べますか。
「自分このメンバーなら食べる方なんで、150(皿)ぐらいは…」(→梅沢御大らが思わず仰け反る)
島津海初挑戦※西前頭12枚目(三月場所)で初場所成績9勝6敗の27歳。20年ぶりの種子島出身力士。得意技は「もろ差し」。湘南乃海関と仲良しで、巡業でじゃれ合っている写真を披露。湘南乃海関は、島津海関が自分以外の人と内緒で遊んでいると嫉妬のLINEを送る。
浜田 言うてた。ちょっとイラっとするんですか?
湘南乃海 寂しい気持ちです(笑)。
浜田 俺だけでいいじゃないかと。
湘南乃海 そうですね。
一山本初挑戦※東前頭11枚目(三月場所)で初場所成績5勝10敗の30歳。中央大学・公務員出身という異色力士でイケメン力士としても話題。
浜田 頭はやっぱりみんなより良いんだぞと。
「このメンツだったら、1番良いんでないかと(笑)」
御嶽海 いやいや(自分を指して)大学大学。
浜田 「大学出てんの?」
御嶽海 「大学、東洋(大学)出てますから」
浜田 まあまあ、ええがな。
***
浜田 (凡人4位に終わり)「何なん? 役所も勤めてて」
御嶽海 妥当妥当。
「相当自信あったんですけどね。公務員試験に出なかったのが良くなかったっすね」
浜田 やかましいわ(笑)。
御嶽海○1※元大関。西前頭10枚目(三月場所)で初場所成績6勝9敗の31歳。白星の半数以上が「押し出し」という相撲界の「押しの子」。各界のムードメーカー。母・マルガリータ氏はフィリピン出身で美人ママとしても有名。
浜田 あなた何杯くらい食べますか。
「結構食べて…28皿」
浜田 え?
「(真顔で)お相撲さんですからね」
千原永世名人 …いやいや。もっと食べようよ(笑)。
***
「2回目ですよね、このメンツですよね。いや、多分もう1位以外ないです」
浜田 良いのができた?
「出来過ぎました」
浜田 え~っとジュニア、後ろから殴って下さい(笑)。
***
(残り3人の時点で他の力士に)「気遣えよ!」
浜田 やめとけ、そういうの。
★ランキングシートの分布は才能アリ2名、凡人2名、才能ナシ1名。

●それでは順位別に見ていきます

◆1位 才能アリ71点 湘南乃海桃太郎
春場所前夜 鯛の握りを 十五皿

梅沢永世名人 うん。

【本人談】
春場所の前にみんなでゲン担ぎ。鯛はやはりさっき(→3位)の島津海関じゃないですけど、縁起がいいものである。あと、「十五皿」っていうのは、相撲は(ひと場所)15日取るって意味で、自分は15勝(全勝)したいという気持ちで。あと、しっかり回転寿司を出さないとと思ったので、「十五貫」よりも「十五皿」と。

千原永世名人 めちゃくちゃ良いですね。15皿が良いですね。
梅沢永世名人 やはりお相撲さんは昔は「一年を十日で暮らす良い男」とね、昔は十日間しかやってなかった。それが今は15日やってますから、それにも「十五皿」引っかけてる。これは良い俳句だ(笑)。大したもんだ。

夏井先生 
「春場所前夜」となると多少字余りになるが、この「前夜」が大事。
春場所への意気込み・ゲン担ぎ。
さらに「十五」をここに使う辺りも(十五日間に引っかけて)ニクイもの。
春場所の前夜に鯛の握りを食べに行こうと。
「春場所」とあるため、ここは「鯛」だけで良い。
ここは辺に「桜鯛」と季語を入れる必要がない。
そこも季語のことを分かっている。これは見事だった。
浜田 先生、でも1点差でしょ。1位と2位は。
夏井先生 そうそう。ホントにどっちもお上手。
もうお相撲辞めて2人とも俳句やった方が良い(笑)。
ただ1点差をつけたのは、「皿」という回転寿司としう配慮をちゃんと最後に入れているところ。
ご本人も仰ったが「十五貫」とすれば少し高級なイメージになるが、「皿」の一語にすることで今回の兼題写真のテーマをきっちりここに入れてくると。
ここに差をつけた。直しは要らない。

浜田 おめでとうございました。お1人だけですからね、才能ナシはね。アハハ、(若元春関に)、めっちゃ小っちゃなってんねんけど(笑)。

●解説のポイント
「前夜」が春場所へのゲン担ぎ
「十五」を日数に引っかけるのもニクい
「皿」で兼題写真へのテーマにも配慮した

添削なし


◆2位 才能アリ70点 御嶽海久司
赤貝や 父のアガリの 緑濃し

若元春 え、すご。

【本人談】
昨年亡くなった父とよく回転寿司の店に行った。親父は貝(のネタ)が好きで、よくアガリ(=緑茶)を飲んでいたのを思い出しながらこの句を。

梅沢永世名人 いや~上手いこと季語を使いましたね。「赤貝や父の」とくると、お父さんの大好物。
本人 大好物です。
梅沢永世名人 ねえ、赤貝が。この俳句は良い俳句だわ。
千原永世名人 いや、めちゃくちゃ良いですね。「あかがい」「アガリ」という韻の踏む感じと「赤」と「緑」の対比とか。これの上がいるってのが凄いですね。
梅沢永世名人 そう、凄い。凄い。
本人 (1位を狙っていたため)くそ、悔しい(笑)。ここまで言われたのに。

夏井先生 
これはよく考えた句だった。
頭に「赤貝や」。春の季語「赤貝」を「や」で詠嘆する。
"ああ、何と美味しい赤貝だ"と。
その後に「父」が出てくるため、お父さんの好物に違いないと読み手は想像し始める。
さらに、最後の「アガリ」の描写。
緑が濃し、香りも一緒に上がってくる満足感のある香り。
「赤貝」「アガリ」の韻、「赤」「緑」の色彩のさりげない対比。
これは相当俳句をやっているのではないかと、それぐらいの出来。
本人 (ガッツポーズ)
浜田 いやいや、先生これ直しは?
夏井先生 いらない。

浜田 素晴らしい。
本人 嬉しい。
千原永世名人 凄い。

●解説のポイント
赤貝が父の好物に違いない
「アガリ」の描写で満足感のある香り
アの韻や色彩のさりげない対比

添削なし



◆3位 凡人45点 島津海空
鯛掲げ 春場所終えし 夢をみる

【本人談】
回転寿司では鯛を見る。相撲界で鯛といえば掲げるもの。それを春場所に(優勝や昇進で)掲げたいなと。

千原永世名人 これ「春場所」の「夢」となると、季語として薄くなるんじゃないかなと。
梅沢永世名人 これは「夢」はみるものですから。ですから「みる」はいらないんですよ。他の言葉を入れたらもしかしたら才能アリになったかもしれませんよ。
浜田 どういう言葉ですか?
梅沢永世名人 いや、急に言われても(笑)。

夏井先生 
力士らしい発想というもの。
問題点は「春場所」と季語は入っているが、全てが夢だという展開になっていくと、季語としての鮮度・力は落ちる。
そしてもう一つ。「夢」とあれば見るもの。
「をみる」と説明する必要性は基本的にない。
この「場所」と「春」を切り分けてみたい。
「終えし」では終わってしまうあため、「場所終えて」とする。
「掲ぐる」なら今、抱えている。
「鯛や」で映像が出来る。
この後に季語を出す。「春の夢」という季語がある。
これが季語としてしっかり立ってくるため、あなたの言いたいことも乗っかってくるということ。

本人 良い句になりました。

●解説のポイント
力士らしい発想
季語はあるが全てが夢だと鮮度が落ちる
季語を「春の夢」として「場所」と切り分ける

添削後
場所終え 掲ぐる 春



◆4位 凡人40点 一山本大生
ナマモノが 苦手な僕は 浅利汁

浜田 アハハ。

【本人談】
僕はナマモノが食べられない。(回転寿司の店に)行くとサイドメニューを頼むが大体浅利汁が多い。その記憶しかないので。

梅沢永世名人 これはあの~、俳句というより作文ですね(笑)。それと「苦手な僕は」って、「僕」は要らないと思いますよ。

夏井先生 
俳句は自分の事を書くのが基本なので「な僕は」が全くいらない。
「ナマモノは苦手」で一回意味が切れるとここでちゃんと通じる。
そうなると、季語「浅利」が春の季語となる。
この季語の方に少し描写を入れることが出来る。
こういう仕掛けになる。
「浅利汁は」の後に例えば、あなたの好みを入れることもできる。
熱いのがお好きですか?冷めた方が良い?
本人 熱い方が好きです。
夏井先生 そうだね、「熱々」と書けばここの汁が見えてくる。
こうやれば、これは一気に才能アリにいける。

本人 しっかり、次からは頑張りたいと思います(笑)。

●解説のポイント
俳句は一人称で書くのが基本
季語「浅利汁」を少し描写する
「熱々」とすれば一気に才能アリへ

添削後
ナマモノが苦手 浅利汁は



◆最下位 才能ナシ30点 若元春港
桜鯛 皿取り思う 宇良ピンク

一同 ハハハ。面白い。

【本人談】
桜鯛は薄桃がかったピンク色というか、それが宇良関の締め込み(のピンク色に)凄いそっくりだなと思って詠んだ。

梅沢永世名人 いや、これをそのまま読んでも宇良関の締め回しだとはちょっと誰も…。
浜田 まあ、思い浮かべるかというとね。
梅沢永世名人 思い浮かべないし、よく30点貰いましたよね(笑)。

夏井先生 
中七「皿取り思う」というここの描写に問題がある。
基本的に俳句は思うことを書くため、「思う」と書く必要がないのが1点目。
それから季語が「桜鯛」。
春になると婚姻色といって綺麗になる。
そのため「桜鯛」の全体が見えて季語。
それが皿になることでだいぶ損している。
「皿」とか「取り」とかない方があなたの発想が活きてくる。
ここから後「宇良の」「回し」と書く。
「ピンク」って書かなくても有名だから大丈夫。
「のような色」と率直に書く。
この桜鯛と回しの色が一緒だというのが、あなたのユニークな気づき。
まずは伝えることが大事(笑)。

本人 いやぁ、もう…はい…もう…勉強します(笑)。

●解説のポイント
「皿取り思う」の描写に問題
「桜鯛」はネタだけでは季語に見えない
宇良関の回しを比喩表現に

添削後
桜鯛 宇良 



★永世名人 ジュニアのお手本★

→<永世名人>・千原ジュニアは6回連続で掲載決定と絶好調。
浜田 絶好調です。
清水アナ ちなみに、永世名人時代の梅沢さんの連続掲載記録は3回。千原ジュニアさんの半分となっています。
浜田 あら。
梅沢永世名人 それ必要な情報か(笑)。
清水アナ はい、しっかりとデータに取ってますので。

◆『回転寿司 小さき手小さき春を取る 千原ジュニア

【本人談】
子どもとしょっちゅう(回転寿司の店に)行く。器用に(流れてくるレーンから皿を)取るようになったなと。お皿の上に春があり、こいつも成長してるなという。

梅沢永世名人 憎たらしいね。物凄い挑戦してる。素っ晴らしい!
本人 (素っ気なく)…あ、そうですか…。
梅沢永世名人 はい(笑)。よく挑戦なさった。
本人 すみませんです。
梅沢永世名人 偉い!

■査定結果
永世名人32句目に掲載決定

理由:具体的に書かない判断が成功!

本人 (立ち上がって)よ~し!ありがとうございます。
若元春 凄い。
梅沢永世名人 だよな。

夏井先生 
回転寿司という言葉自体はとても経済効率の良い言葉。
言った瞬間に「店」「人」「回る寿司」と全部言える。
ただ、これをそのまま入れると残りの音数で何ができるかというのはとても難しくなる。
それを敢えて具体的なことを書かないで、「小さき春」という風に表現する。
そうすると、この小さい春は何だろう?と読み手が勝手に想像し始める。
桜鯛・さわら・浅利・赤貝など春の季語を想像までさせると。
これはさすがだなと思った。

本人 ありがとうございます。
浜田 はい、お見事でございました。おめでとうございます。

●解説のポイント
回転寿司は経済効率の良い言葉
敢えて具体的なことを書かない
「小さき春」を読み手が勝手に想像
様々な春の季語を思い浮かべる

添削なし



★特別永世名人 梅沢富美男の締めの一句★

→<特別永世名人>・梅沢富美男は5回連続ガッカリ後、ようやく前回今年初掲載を決めた。
梅沢永世名人 お題が私にとって苦手なものでしたから。
浜田 なんで「苦手」とか言うんですか。
梅沢永世名人 苦手はあるんです。ありますけども、皆さんの目標とする横綱ですから、大横綱!(笑)
島津海 よ、横綱!
梅沢永世名人 勝負をつけたいと思います。
***
浜田 ジュニアさんがあの句にしたら、もう凄いってことですよね。
梅沢永世名人 いや、そりゃ良い句ですね。ジュニア。
浜田 自分はその上を行く?
梅沢永世名人 勿論ですとも。
浜田 分かりました。
梅沢永世名人 上手(うわて)を取ってねじ伏せます(笑)。

◆『海の陽を たたえて碧し 海苔の艶 梅沢富美男

【本人談】
軍艦(巻き)をイメージした。表の海苔の艶を見た時、海の光がついた色がするなあと。

浜田 これジュニアさんいかがですか?
千原永世名人 ……えっ?……お寿司屋さんにいるんですか?
本人 あの、お寿司…お寿司を食べて。
千原永世名人 海を見てるんですか?
本人 いやいや、お寿司を食べてる…見た。
千原永世名人 海苔を採ってはるのを見てるんですか?
本人 違う違う。だから…。
一同 (笑)
千原永世名人 いや、梅沢さんがどこにいるのかちょっと分からないですよ。
浜田 なるほど。
本人 俳句のハイレベルっていうのはね、ジュニアこれから気を付けてモノ言いなさいよ(笑)。皆さんに考えて頂く。
千原永世名人 あ、どこにいるのかなってのを想像するんすか?
本人 そうそうそう。
千原永世名人 それは必要ないんじゃないですか。それ僕は…僕は分からなかったです。

■査定結果
特別永世名人なのにガッカリ…

理由:具体的じゃなくて失敗

夏井先生 
まず「海苔」というのが春の季語。
これは「海苔の艶」という言い方をしているが、この「艶」という表現だと季語「海苔」のどの場面を描いているのか、それがちょっと分からない。
本人 表だよ!
夏井先生 はあ?
本人 表だよ、海苔の!
夏井先生 表とか裏とかそういう問題ではない(笑)。そもそも論が分かってない。
収穫している、乾かしている、まさに今食べようとしているとか、それぐらいのことが分かるように書いてもらわないといけない。
海の陽なら大体キラキラと「たたえて」いる。
「碧し」も「海苔」を表現しないといけないため、ここで「碧」とか言っている場合でもない。
じゃあ、どうするかという話。
「海の陽」で「を」は要らない。海の太陽の香りがするでどうか。
「海の陽の香や」と一旦詠嘆する。"ああ、海の太陽の香りであるよ"と。
収穫しているところならば、「引き上ぐる」とすれば濡れた海苔が匂ってくる。
「乾きゆく」なら干している場面。乾きだす。
軍艦なんですか?
浜田 軍艦いうてましたよ。
夏井先生 じゃあ、もう「軍艦」って書くしかない。お店の中なんでしょ。
浜田 そうです。
本人 そうです。
夏井先生 違ってた?お店の中でしょ。
浜田 はい、なんでか知らんけど店の中です。
本人 だって回転寿司じゃん、テーマは(笑)。
夏井先生 「軍艦の海苔の艶」とやれば少なくとも今食べている軍艦だと分かる。店ならね。
このぐらいやって下さいよ!

浜田 ほら。
本人 どうもすいません。
夏井先生 はい。
本人 私が悪うございました。
夏井先生 そうですね。

●解説のポイント
「海苔の艶」で季語のどの場面かが不明
収穫・乾燥・食事の場面など
「たたえて」「碧」は要らない
「香や」で詠嘆して具体的な場面を

添削後
海の陽の  海苔の艶』
『海の陽の  海苔の艶』
『海の陽の の 海苔の艶





浜田 これ世に出せないのでいきましょう。せぇーの、ドン。
(シュレッダー演出)
浜田 まあ、次回頑張っていただかないと。
梅沢永世名人 前半の私の能書きはどうなったんですか。
浜田 カットです。
梅沢永世名人 えっ?
浜田 アハハ。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

永世名人の句

ジュニア永世名人
・上句に字余りの文言を置いて調べを整える体裁。また、回転寿司と初めに置かれることで映像化が確保されている。
・小さい手が取る小さい春。と言われると、読み手は勝手に子どもが回転寿司で春の魚を選びとってるのを思い出す。さより?桜鯛?赤貝?地方によっては、ほっき貝かもしれない。
・歳時記をめくっていて、「小さき春」だから、まだ冬の寒さが残る頃なのかな、とも思えるし、高価な寿司ネタではないのかな、とも思えてくる(多分ウニではない気がする)
・先日の消しハンの記憶もあるが、本当のミスタープレバトは彼か。

御大
・海の陽と、海苔の艶となると、やっぱり野外の光景を思い浮かべる。
・たたえて、も説明的。
・番組の都合で毎週出演となっているのだろうけど、こうも残念が多いと、特待生以上の方の枠をもう少し見たくなってくる。

平場から

相撲の番付通りには行かないランクでした。

5位
・「思う」はこの句だと確かに要らない。口語的な句で「Aは〇〇だと思う(あなたはどうですか)」と「かな」的な使い方を見たことは何度かあるけれど。
・桜鯛で切れが生じる。ここから「皿取り思う」と寸詰まりな感じで中七が展開されるので?となり、宇良ピンクでますます分からなくなった(NHKの19:00からのニュースや新聞の取り組み結果を見て宇良関という方がいるのは知っていたが、「宇良ピンク」となると、宇良(が、は)ピンク??と思い、宇良関がエロい人なのかと・・・・・・

4位
・まぁ、回転寿司に行っても生ものが苦手なので浅利汁を頼むのは分かった。意味の通った分、散文的でも5位より上か。

3位
・鯛を掲げて春場所を終えた夢をみる
・実際には春場所を終えた夢なので、季語が機能してない
・添削句で春の夢を使った添削がされたが、春の夢は儚いものとされもするから、儚い夢に・・・と読める。

2位
・赤貝を詠嘆してるので美味しいのだと。そこに父親のあがりの緑の濃さ。濃くておいしいのか、父親が濃い目のお茶が好きか。
・韻と色の対比。立派なものだと思います。

1位
・上句に7音を入れる勇気。「春場所」の日数と絡み、回転寿司と分かる十五皿という表現。こちらもお見事だったと思う。

更新お疲れ様です

御嶽海関
韻や対比もさることながらやはり俳諧味のある光景がよかったです。赤貝を親父と共に食べていると、ふと親父のアガリの緑が濃い。もしかしたら親父は濃いめのお茶が好きなのかな。親しい間柄でも食の好みは意外に気づかない。そんな感じのする句でした。

湘南乃海関
「春場所前夜」で自分が力士であること、「十五皿」で回転寿司だと分かる言葉の経済効率がとても良かったです。
まさに「この人だからこそ詠める句」という感じ。
自分は御嶽海関の句の方が好きなのですが、「俳句らしさ」なら御嶽海関、「詠み手らしさ」「兼題への寄り添い方」なら湘南乃海関と、いざ出されたら軍配をどちらに上げるか迷いますね…

ジュニア永世名人
こちらも「回転寿司」を最初に持ってきておいて、寿司ネタを直接書くのではなく「小さき春」と表現したのが凄い素敵でした。ネタが小さくてもそこに春を感じられるっていいなぁ。

御大
兼題が回転寿司と分かっているから「海苔」が「多分寿司海苔のことなんだろうな」と分かる訳ですが、変に「海の陽をたたえる」「碧し」と海を連想させる言葉を連発するもんですからやっぱり「収穫直後のノリのことなのかな」と訳分かんないことになってしまったわけで。
本来だったら凡人40点レベル~才能ナシの句によく言われる「兼題写真を見てない人にも伝わるよう書く」というのを言わせないでくれとも…

昨日のプレバト

御嶽海関が2位ながらも2度目の才能アリを獲得し、ジュニアさんが7回連続の掲載決定を決めるなどといい、うるう年らしく素晴らしい内容でしたね。(でも、おっちゃんは連続での「お見事」とはいかなかった・・・)

追記
俳句とは関係ないけど、次回の放送で水彩画において「5ランク昇格」が出るので、これもまた楽しみですね。

1位
「春場所前夜」を一気に入れる覚悟、「十五皿」と大衆的な寿司屋だとわかる情報に独自性、完成度の高い句。
正直73点でも良いくらいだと思ったが、大会の前夜に験担ぎの飯を食うという発想が少しありきたりだろうか??

2位
「あか」がい、「あが」り。
「赤」貝、アガリの「緑」。
対比を結びつけた良くいえばロジカル、悪くいえばあざとくて鼻につく。こういうの嫌う先生もいるだろうな。

3位
「春場所終えし」でん?となり、
「夢をみる」でんんん??となる。
俳句で夢オチを作るのは相当難しい。

4位
散文的の極みだし「浅利汁」も活きていない。

最下位
「宇良ピンク」がひたすら意味不明。普通は桜鯛の色だと考えるだろうし、突然「皿」が出てくるのも兼題抜きに考えるとおかしい。

ジュニア
今回も詩的表現&子供愛に溢れた句にやられたし、「回転寿司」を上五にドンとおいてバランスを崩さない工夫も流石。

富美男
今回は字面だけでも「たたえる」とか臭いフレーズだったのに、「寿司の海苔を見た句」という説明で更に困惑した。
美辞麗句よりも確かな情報を。って永世名人に言うことでもない気がするのだが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プロキオン

Author:プロキオン
俳号「白プロキオン」。全てのブログ記事を編集しています。
毎度閲覧いただきありがとうございます。時間があるときにでもどうぞ。
全俳句を掲載してほしいなどのリクエストはコメントしていただけると助かります。

ツイッターでは番組の放送予告などをツイートしています。以下リンクからどうぞ。
プロキオン
***
番組公式ツイッター
***
着流きるお氏(プレバト兼題で俳句を独自査定する若手俳人・ブログ編者とは無関係です)
***
夏井いつき氏(プレバト!!出演の俳人)

人気記事ランキング

↓訪問者数です