fc2ブログ

記事一覧

【ふるさと戦4】20220922 プレバト!!俳句紹介【福島県】

2022年9月22日放送 プレバト!!
47都道府県の観光公認ポスターへの俳句掲載を懸けて挑む「ふるさと戦」。
出演者が詠んだ俳句を紹介します。
※詳細版の更新まで、しばらくお待ち下さい。

挑戦者→<名人8段>千賀健永(Kis-My-Ft2)[57],<名人6段>中田喜子[58],<永世名人>梅沢富美男[173],○4△2×2 勝村政信[9],<4級>犬山紙子[17] ※[数字]は挑戦回数
リアクター:村上健志、横尾渉

●お題:磐梯吾妻レークライン(福島県)
ふるさと戦4

※番号クリックでリンク内移動します。
1愛知県出身
<名人8段>
千賀健永
(Kis-My-Ft2)
ラジオからソウル会津は初紅葉らじおからそうるあいずははつもみじ
2東京都出身
<名人6段>
中田喜子
秋燕レークラインの影ゆららあきつばめれーくらいんのかげゆらら
3★福島県代表
<永世名人>
梅沢富美男
赤べこの背なに揺られて山装ふあかべこのせなにゆられてやまよそおう
4埼玉県出身勝村政信
山粧ひ一目惚れした吾も粧ひやまよそおいひとめぼれしたあもよそおい
5大阪府出身
<5級>
犬山紙子
秋色や窓ガラスから宇宙からしゅうしょくやまどがらすからうちゅうから
順位発表順:2位→4位→最下位→3位→1位
→編集後記

1位◆『ラジオからソウル 会津は初紅葉 千賀健永(Kis-My-Ft2)

●解説のポイント
"写真俳句"としてさらに2倍3倍の味わいに
前半で運転中のカーラジオだと結ばれる
音楽「ソウル」と「会津」の取り合わせの問題
「会津魂」という単語を思う
会津若松城の「利を求めず,義に生きる」
何らかの響き合いを信じて作者は表現したと伝わる
見事な紅葉の光景の中に一緒に入りたくなる
村上「写真なのに目を瞑りたくなる」
久しぶりの名言だと思う

添削なし


2位◆『秋燕 レークラインの 影ゆらら 中田喜子

●解説のポイント
"写真俳句"として「秋燕」を入れたのは好判断
「レークライン」も湖に続くことを想像させる
決して悪くないが1位にするための方法
「湖へ」と書く
「ゆらら」を「走る」として燕の影の描写に
写真にそのような秋燕がいるに違いない
動かない写真に動く燕の映像を添える
思い切ってやりたい
写真俳句の味わいが一段深まる

添削後
 秋の燕の 影


3位◆『赤べこの 背なに揺られて 山装ふ 梅沢富美男

●解説のポイント
書きたいことはしっかり伝わる
俳句として「て」がゆるい
中七の「て」は要注意
背中に揺られるかのように山が粧う
その意図なら比喩・擬人化が一緒になって互いに損
「揺らるる」で繋げる
「山装う」は写真そのままの映像にある
写真の美しさを信じた方が得
「ごとく」で比喩と明確に
季語「秋」が写真を大きく包む
これをやってたら2位に上げていた
(梅沢:福島には帰れないからな!)

添削後
赤べこの 背なに揺ら 


4位◆『山粧ひ 一目惚れした 吾も粧ひ 勝村政信

●解説のポイント
内容があまりにも面白くない
弟子に厳しいとかでなく本当に面白くない
中七がどう考えても陳腐
消したいが作者の表現がなくなる
「一目惚れ」は歯を食いしばって置いておく
山の名前をせめて書きたい
答える前に「磐梯山」と書いてます
言いたいことは一応書ける
"写真俳句"としても本当に面白くない
写真に対して失礼という感じ

添削後
  一目惚れ


5位◆『秋色や 窓ガラスから 宇宙から 犬山紙子

●解説のポイント
何を言いたいのか分からない
どう直すかをは本人の話次第だった
季語は秋らしい光景
紅葉ならそう書いた方がいい
「宇宙」からが重要な意図
「いふ話」で着地するしかない
あの写真と取り合わせても何とかなる

添削後
宇宙から  


編集後記
関連記事
スポンサーサイト



コメント

そもそも

夏井先生は誰の俳句か知らない状態で査定されてます。

昇段試験は誰のかとわかってる状態ですが、

平場、タイトル戦等は誰の俳句かわからない状態です

もちろん作風でなんとなく想像はつく旨はおっしゃってますが、

今までの犬山さんの作風とは明らかに違うし、

今回はたまたま犬山さんが厳しい結果に終わっただけです。

No title

犬山紙子さんの句、私には、よくわかりました。ドライブする車の窓からも、はるか上の宇宙からも、まっさかりな秋色がみえる、という句で、良い句に思えます。夏目先生は、この人に対して、厳しすぎます。

こちらは

この写真に限るなら

写真のどこに俳句を書くのかというのも審査ポイントにいれてほしかったかなと。

1位、千賀名人

ホームランでしたね。先日の予選敗退を補って余りある良い句でした。

カタカナ表記の前半、漢字表記の後半と対比も見事でした。

今回は写真ありきの俳句というのもあり、「ラジオ」は車のラジオに違いないといえます。
後半の助詞「は」もお見事でしたね。限定の意味の助詞ですから、

逆説的に考えて、会津だからこそ楽しめる「初紅葉」というのもあります。

表記のした場所も道路と紅葉を邪魔しないいい場所でした。

ただ、作者の名前を紅葉の場所に置いたのは失敗でしたね。これは番組側のミスだったなと思います。

2位、中田名人

中七と下五の組み合わせに矛盾を感じました。

調べましたが、レークラインは道路ということもあり、

「揺らぐ」だと木々の影の描写になります。道路で影が揺らぐほどじっくり見えるかといえば違うかなと。

今回のテーマでもあるので、矛盾はないようにしたほうがよかったかなと。ここは夏井先生の添削が見事でした。

3位、梅沢名人
この句こそ「赤べこ」と鉤括弧をつけるべきでしたね。福島県民以外の人に伝える目的があるのですから、「赤べこ」が福島特有のものであることをしっかり伝えてほしかったかなと。

あと季語が「山粧う」にも関わらず、俳句を紅葉が写ってる場所に書いたのは大きなマイナス要員だと思います。

4位、勝村政信さん
King of 陳腐でした。以上です。

最下位、犬山紙子さん

発想はとても面白かったかなと。ただ壮大なテーマが入ってるので、言葉のバランスをどうするかは技術の問題かなと。具体的な言葉と、この句に限っては普段なら言われる陳腐な表現もありかなと

宇宙より見える福島紅葉燃ゆ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プロキオン

Author:プロキオン
俳号「白プロキオン」。全てのブログ記事を編集しています。
毎度閲覧いただきありがとうございます。時間があるときにでもどうぞ。
全俳句を掲載してほしいなどのリクエストはコメントしていただけると助かります。

ツイッターでは番組の放送予告などをツイートしています。以下リンクからどうぞ。
プロキオン
***
着流きるお氏(プレバト兼題で俳句を独自査定する若手俳人・ブログ編者とは無関係です)
***
夏井いつき氏(プレバト!!出演の俳人)

人気記事ランキング

↓訪問者数です