fc2ブログ

記事一覧

【ふるさと戦3】20220922 プレバト!!俳句紹介【大阪府】

2022年9月22日放送 プレバト!!
47都道府県の観光公認ポスターへの俳句掲載を懸けて挑む「ふるさと戦」。
出演者が詠んだ俳句を紹介します。
※詳細版の更新まで、しばらくお待ち下さい。

挑戦者→○1△1 ゆうちゃみ[3],<名人10段★4>藤本敏史(FUJIWARA)[82],<名人6段>立川志らく[56],<名人初段>森口瑤子[27],<2級>松岡充[25],<4級>犬山紙子[16] ※数字は挑戦回数
リアクター:梅沢富美男、千原ジュニア

●お題:道頓堀(大阪府)
ふるさと戦3

※番号クリックでリンク内移動します。
1★大阪府出身ゆうちゃみ
街は秋写ルンですを巻く五秒まちはあきうつるんですをまくごびょう
2★大阪府出身
<名人10段★4>
藤本敏史
(FUJIWARA)
コイン洗車抜けて秋気の御堂筋こいんせんしゃぬけてしゅうきのみどうすじ
3東京都出身
<名人6段>
立川志らく
月夜の酔っ払い嗚呼かに道楽つきよのよっぱらいああかにどうらく
4東京都出身
<名人初段>
森口瑤子
ツッコミは愛なんだって啄木鳥つっこみはあいなんだってけらつつき
5★大阪府出身
<2級>
松岡充
かすうどんバッテラなんぼ?浮寝鳥かすうどんばってらなんぼうきねどり
6★大阪府出身
<4級>
犬山紙子
お釣り百万円龍淵に潜むおつりひゃくまんえんりゅうふちにひそむ
順位発表順:最下位→5位→2位→3位→4位→1位
→編集後記

1位◆『街は秋 写ルンですを 巻く五秒 ゆうちゃみ

●解説のポイント
商品名を入れた俗な作品ではある
俳句としても楽しめる
写真との取り合わせも非常に軽やか
一緒に光景を眺めているよう
次どこを撮ろうかと5秒懸けて巻いている
「写ルンです」が写真の雑多な感じと似合う
作者を楽しみにしていた
やれるじゃないか!
写真俳句の才能がありそう

添削なし


2位◆『コイン洗車抜けて 秋気の御堂筋 藤本敏史(FUJIWARA)

●解説のポイント
軽やかでリアリティーのある良い句
綺麗になった視界が車内から確保
季語の空気から御堂筋に向かう
雑踏の道頓堀の向こうに御堂筋と
鑑賞する側にも読み取れる
黄葉の銀杏並木も御堂筋の地名が教えてくれる
"写真俳句"として十二分に成立
大阪は予算2倍でこれもポスターを刷ってほしい
(藤本:おウチde俳句くらぶの会員なんです)

添削なし


3位◆『月夜の酔っ払い 嗚呼かに道楽 立川志らく

●解説のポイント
前半と「かに道楽」の取り合わせは○
飄々として俳諧味もある
兼題の"かに道楽"が目に入る
あえて句にも"かに道楽"を入れる方法もある
その場合は写真にない情報を後から入れる
「かに道楽」から初めて「見上げ」る
かに道楽の下に見上げる人がいる
夜の光景にポンと飛ぶことが出来る
時間を俳句でワープさせる
夜に看板を見上げる人がいるはずだと
味わいある"写真俳句"になる

添削後
かに道楽 月夜の 酔っ払い


4位◆『ツッコミは 愛なんだって 啄木鳥 森口瑤子

●解説のポイント
ツッコミと「啄木鳥」を重ねるオチを狙ったよう
大阪のオチに負けた東京の人の句に思った
自身の持ち味を壊してまでオチを求めない
写真との取り合わせで季語を考えたい
「おけら鳴く」「蚯蚓鳴く」も考えていた本人
「おけら鳴く」は地中からの低い鳴き声
「愛か」で一回切る
「真昼」で写真の時間軸に寄せる
「おけら」は夜鳴くが大阪なら昼も鳴くのか
微量な皮肉を込められる
これなら東京人のプライドが保てた

添削後
ツッコミは 愛 


5位◆『かすうどん バッテラなんぼ? 浮寝鳥 松岡充

●解説のポイント
かすうどん・バッテラの響きは面白い
気持ちは分かるが「なんぼ?」がうるさい要因
季語をよそに追いやってしまった
季語から始める
最近「ふえて」きたとする
この写真の近くに革があると想像させる
川に浮寝鳥が増えてきた
バッテラ食べるか温かいかすうどんもの流れ
これなら"写真俳句"の評価がグンと上がる

添削後
浮寝鳥 バッテラ かすうどん


6位◆『お釣り百万円 龍淵に潜む 犬山紙子

●解説のポイント
難しい季語を引っ張りだした
後半が時候の季語が中国の故事で秋分の頃
「龍天に登る」は中国の故事で春分の頃
前半に鍵括弧をつける提案には同意
"写真俳句"とセットだと景気の悪い大阪に思う
季語は今回諦めるべき
写真の賑やかさに寄せる
「たけなわの」で始めて明るさを
俗な台詞も「百万円!」も写真の上で力を発揮する
写真俳句で成立する

添削後
 お釣り百万円


編集後記
関連記事
スポンサーサイト



コメント

今回は

字面が全てという普段のスタイルから外れた写真俳句面白かったです。

まず観光目的ありきの企画ですから、そこを全面的に押しだしてほしかった。

プレバトから離れた俳句と馴染みのない方々に見られるものですから、定型縛りをいれてもよかったかもしれません。

1位、ゆうちゃみさん

作者とのギャップが意外でした。今だと全部スマホだと思ってました。でもあの年代の方々にはレトロ文化なのかもしれません。

藤本名人の句でも語られてましたが、道頓堀を少し抜けると御堂筋があるので、写真の内と外がミックスされてましたね。また人工物と自然とがうまく組合わさった句でした。

2位、藤本名人

前半である程度の距離を運転してることが想像できます。中七「抜けて」で雑踏から御堂筋への繋ぎができてると思います。

句としてはいいかもしれませんが、あの写真からだと観光目的に繋がるかどうか疑問です。さらにいえば、道頓堀から離れる前提なので、写真俳句としてみたら「?」です。

3位、立川志らく名人

前述のとおり定型でいってほしかったです。「嗚呼」で「かに道楽」に比重がかかるので、いらないかなと

4位、森口名人

御堂筋の写真ならあの季語もありですが、道頓堀ならあの季語の選択はないかなと。

御堂筋の写真なら

黄落やツッコミは愛なんだって

でいけるかなと思います。

5位、松岡充さん

うるさいテーマでいくなら徹底的にうるさくしたほうがよかったと思います。なぜ上五中七のフレーズにあの季語の選択なのか?が感想です。

秋暑し

ならあの字体とも合わさって面白かったかなと。

最下位、犬山紙子さん

季語の本位と、金竜ラーメンがごっちゃになったのが敗因でしょうか?ノーコメントて


最後に拙句を詠ませていただきます。今回は詠めるのはここだけで

道頓堀涼し舞台の空き時間

色々な劇場、クラブ、ライブハウスがある場所なので、そこに訪れた人に空き時間を道頓堀で楽しんでもらえたらと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プロキオン

Author:プロキオン
俳号「白プロキオン」。全てのブログ記事を編集しています。
毎度閲覧いただきありがとうございます。時間があるときにでもどうぞ。
全俳句を掲載してほしいなどのリクエストはコメントしていただけると助かります。

ツイッターでは番組の放送予告などをツイートしています。以下リンクからどうぞ。
プロキオン
***
着流きるお氏(プレバト兼題で俳句を独自査定する若手俳人・ブログ編者とは無関係です)
***
夏井いつき氏(プレバト!!出演の俳人)

人気記事ランキング

↓訪問者数です