fc2ブログ

記事一覧

【ふるさと戦2】20220922 プレバト!!俳句紹介【福岡県】

2022年9月22日放送 プレバト!!
47都道府県の観光公認ポスターへの俳句掲載を懸けて挑む「ふるさと戦」。
出演者が詠んだ俳句を紹介します。
※詳細版の更新まで、しばらくお待ち下さい。

挑戦者→<2級>篠田麻里子(元AKB48)[19],<名人6段>立川志らく[55],<5級>武田鉄矢[6],<名人10段★3>千原ジュニア[80],<名人10段★1>横尾渉(Kis-My-Ft2)[63] ※[数字]は挑戦回数
リアクター:梅沢富美男、藤本敏史

●お題:中洲の屋台(福岡県)
ふるさと戦2

※番号クリックでリンク内移動します。
1★福岡県代表
<2級>
篠田麻里子
(元AKB48)
中洲の満月ホークスの白星なかすのまんげつほーくすのしろぼし
2東京都出身
<名人6段>
立川志らく
冷酒に心の月を入れて呑むひやざけにこころのつきをいれてのむ
3★福岡県代表
<5級>
武田鉄矢
大将とこほろぎさがす屋台かなたいしょうとこおろぎさがすやたいかな
4京都府出身
<名人10段★3>
千原ジュニア
常連に席譲られし秋の夜じょうれんにせきゆずられしあきのよる
5神奈川県出身
<名人10段★1>
横尾渉
(Kis-My-Ft2)
豚骨の湯切り良夜のご報告とんこつのゆぎりりょうやのごほうこく
順位発表順:2位→3位→4位→最下位→1位
→編集後記

1位◆『中洲の満月 ホークスの白星 篠田麻里子(元AKB48)

●解説のポイント
作品の出来だけなら2位に軍配
ただ"写真俳句"の掛け算の効果が見事
写真×俳句が何倍にもなった
語順を逆にすると季語がより残る
前半で乾杯の音頭で歌う
カメラが引いて中州の満月の光景へ
写真の外側の光景だけで取り合わせた
語らなくても写真×俳句で何倍もの効果を発揮する
2~4位は作品の出来として文句なし
5位は"写真俳句"の将来性を期待する

添削後
ホークス白星 中洲満月


2位◆『冷酒に 心の月を入れて 呑む 立川志らく

●解説のポイント
俳句として詠んだよろしさがある
「冷酒」を季語として読んだ
「心の月」は悟りが開けた境地を月に喩えた季語
一句独立で十分に味わえる作品
"写真俳句"として屋台の写真でも成立する句
予算が許せばこれもポスターにして
やや損な部分もある
静けさの中で一人しみじみと呑む様子
写真の雑踏の中での「心の月」は似合わない
他の写真と合わせれば凄いことになる
夕焼の湖の風景写真なら似合う
しみじみと清らかで迷いのない心で冷酒を呑む
電球1つだけの灯りの写真なら句の意味も変わる
悟りの境地に憧るが思うようにいかない
逆の意味合いの味わいとして立つ
面白い句を作ったと感心している

添削なし


3位◆『大将と こほろぎさがす 屋台かな 武田鉄矢

●解説のポイント
ほのぼのとした良い俳句
二人で蟋蟀を探すが声のみ聞こえる
人物の動きが見える
"写真俳句"は賑やか・ざわめきがパッキング
季語「こほろぎ」の声が聞き取りにくい
写真と俳句を合わせると損をする
人のいない屋台や椅子・手元のアップ
これらの写真で威力を発揮する良い句

添削なし


4位◆『常連に 席譲られし 秋の夜 千原ジュニア

●解説のポイント
これも良い句
場所がありありと分かる
常連に席を譲ってもらう飲み屋や屋台
無理した季語ではなく静かにまとめている
"写真俳句"での判断
常連に席を譲る光景は想像できる
写真と俳句の場面が同じように存在する
1+1=2の世界が悪いわけではない
"写真俳句"の醍醐味は以下
写真×俳句で相乗効果を生み出す
この人ならとんでもないことを思いつくはず
密かに期待している

添削なし


5位◆『豚骨の湯切り 良夜のご報告 横尾渉(Kis-My-Ft2)

●解説のポイント
なかなか面白い所を狙った作品
湯切りの場面で良い報告をした
手に取るようにわかる
「湯切り」から「良夜」への流れが損
月の美しい夜だが季語より「湯切り」の印象が強く残る
「豚骨」「湯切り」の片方に絞るのは的確な助言
動作をあまり出さない方が季語に行ける
添削後なら"写真俳句"として大変面白い

添削後
豚骨の 良夜のご報告』
『豚骨の 良夜のご報告



編集後記
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こちらは

こちらは句そのものは全体的によかったです。

下位になった方も
普段は写真は発想の起点にという、慣れからくる落とし穴だと思いますので、

コツをつかんだら、次回はみなさんとても良い作品になりそうです。

1位、篠田麻里子さん

テーマに助けられた部分はあります。写真に関係ある言葉がないのに、写真のなかではこういうことが起こってるんだろうと思わせられます。

語順と助詞を添削されましたが、盛り上がった帰路で満月を楽しむというのが順番的に正解だったと思います。

定型ではありませんが、福岡の方々に共感してもらうという意味では一番だったんだろうと思います。

2位、立川志らく名人

句そのものでいえばやはりこちらが一番でしたね。

自分もこの句の主たる季語は「冷酒」かなと。
「心の月」は虚構の季語ですから、実物にはどうしても負けちゃいますね。

「ぬる燗」とすればご本人にとっての主たる季語がひきたったと思います。

写真に寄り添うのであれば、

「呑む」で酒情報が入る分、それで充分と判断して

「喧騒や」としてもよかったかもしれません。

3位、武田鉄矢さん
久しぶりの出演ですが、ご本人の持ち味を取り戻されましたね。

普段の昇格査定なら間違いなく昇格された句でした。

発想を飛ばすという普段のやり方が仇となった形ですが、次回に期待です。

4位、千原ジュニア名人
同じく、こちらも普段の査定なら前進できたかなと思います。

写真に寄り添うのであれば、下五を字余りにしても
「秋の屋台」と具体的な情報いれてもよったように思います。

最下位、横尾名人

句またがりで映像を2カットにしたことで、前半と後半が分断しちゃったのが敗因でしょうか?

「ご報告」を店の主人や顔馴染みの常連、あるいは見知らぬ人とも共有するほうが良いかなと思いますので、
これは夏井先生の添削が見事でした。

ただ、武田鉄矢さんがフォローされたように福岡の方がこの句を見たときに共感できるものがあるとするならば

写真俳句としては決して悪くないと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プロキオン

Author:プロキオン
俳号「白プロキオン」。全てのブログ記事を編集しています。
毎度閲覧いただきありがとうございます。時間があるときにでもどうぞ。
全俳句を掲載してほしいなどのリクエストはコメントしていただけると助かります。

ツイッターでは番組の放送予告などをツイートしています。以下リンクからどうぞ。
プロキオン
***
着流きるお氏(プレバト兼題で俳句を独自査定する若手俳人・ブログ編者とは無関係です)
***
夏井いつき氏(プレバト!!出演の俳人)

人気記事ランキング

↓訪問者数です