fc2ブログ

記事一覧

【降格俳句に学べ】プレバト!!の特待生降格&減点俳句特集

「プレバト!!」の夏井先生を激怒させる俳句を詠んで、通常回一斉昇格試験・番組対抗戦で降格査定をもらった特待生の俳句と本人説明後に減点された通常挑戦者の俳句を紹介します。降格した俳句から一緒に学んでいきましょう。
なお、通常回より査定が厳しい「一斉昇級昇段試験SP」、ルールの異なる「番組対抗戦」は別にして掲載します。
また、「ドッキリアワード」の降格査定と、永世名人の道での「後退」査定は基準が異なるため除きます。

(2024年2月22日時点)
▼通常回で降格査定を受けた句 計10句
梅沢富美男 4句
「缶ピース線香がわり墓洗ふ」
「花びらも乗車するなり春隣」
「えり足に冬の風ありLINE消す」
「おさな子の乳房ふくめる玉の汗」
東国原英夫 1句
「新茶踏み鉄の白竜まっしぐら」
千原ジュニア 1句
「初桜子供の笑い声で咲く」
村上健志(フルーツポンチ) 1句
「寒紅やトンネルを行く夜行バス」
立川志らく 1句
「母手折る紙雛父のラブレター」
羽田圭介 1句
「擬人化で冬の孤独を消す家主」※特待生剥奪句
犬山紙子 1句
「午後も片乳出したまま窓は初夏」※特待生剥奪句

▼特待生一斉昇格試験で降格査定を受けた句 計13句
○第1回「秋の空」
『鉄格子隙間さ迷ううろこ雲』 東国原英夫
『秋天や我が来た道に曇りなし』 千賀健永(Kis-My-Ft2)
『秋澄むや蒼し肺ふのありどころ』 梅沢富美男

○第2回「新春の富士山」
『富士もまた見惚れるが如初茜』 石田明(NON STYLE)
『寝正月澄みたる富士のお墨付き』 ミッツ・マングローブ
『空の旅下に初富士子がつまむ』 藤本敏史(FUJIWARA)

○第3回「春の号外」
『新た御代(みよ)の見出し立たん桜真風(さくらまじ)』 ミッツ・マングローブ

第4回「ATMの行列」
『金貸せぬブーイングのごと虫鳴けり』 光浦靖子 ※特待生剥奪句
『三度目のATMや菊花賞』 岩永徹也

第5回「観覧車」
『緑立つ曼荼羅のごと観覧車』 馬場典子

※第6回「デリバリー」は該当なし

第7回「100円玉」
『「百円でケンカしたよね」笑う君の歯若葉風』 柴田理恵

※第8回「本棚」・第9回「たまご」・第10回「オセロ」・第11回「雪の東京駅」・第12回「分別タイプのゴミ箱」・第13回「コーラ」は該当なし

第14回「打ち揚げ花火」
『制服のキスの余韻や揚花火』 河合郁人(A.B.C-Z)
『大煙火五臓六腑を鷲掴む』 松岡充


▼番組対抗戦で降格査定を受けた句 計1句
『懐手解いて絵馬書く癌の人』 立川志らく
※プレバト!!チームとして披露。東大王チームの鈴木光の句『賽銭の音や初鳩青空へ』に敗北したため降格。

●通常査定で説明後に減点された俳句 計16句
※基本的に夏井先生の解釈と本人の意図とに大幅な齟齬があると、「伝わってない」とされて減点される。
梅沢富美男
@14/8/7●『雲海や朝日をうみて富士光る』才能アリ1位72点→才能アリ70点『雲海の産める朝日や富士山頂』(2点減点)
加藤茶@16/3/3●『なつかしや思い重なる五人雛』凡人4位40点→才能ナシ35点『五人雛の如き我らの日々なつかし』(5点減点)
二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)@16/3/10●『窓際に寂しさ残る桜草』才能アリ1位70点→凡人2位65点『窓際に残る寂しさ桜草』(5点減点・降格)
高橋ひとみ@16/11/3●『いろは坂車の波もいらだちぬ』凡人4位40点→才能ナシ35点『紅葉坂車の波もいらだたず』(5点減点)
森公美子@18/11/8●『変わらぬ景うつむき見たり草紅葉』凡人3位45点→才能ナシ4位38点『渋滞の窓より愛でん草紅葉』(7点減点・降格)
アンミカ@18/11/15●『夫婦して取り合ふ納豆ほお緩む』凡人5位40点→才能ナシ35点『夫まぜし納豆妻と分け合ひぬ』(5点減点)
酒井美紀@18/12/20●『湯気まとう母の背もまた雪景色』凡人3位50点→才能ナシ4位35点『雪景色めく厨の湯気の中に母』(15点減点・降格)
松尾諭@19/4/25●『再出陣暦見て待つ五月雛』凡人4位40点→才能ナシ35点『我が五月人形を子に飾る日よ』(5点減点)
藤井隆@19/7/11●『夏探し頬触れる風肩をすくめる』凡人5位45点→才能ナシ??点(得点発表なし)『夏がゆく風か野を行く頬さやか』(6点以上減点)
粗品(霜降り明星)@19/11/28●『白き皿蜜柑が好きで茜空』凡人2位40点→才能ナシ38点『白き皿を蜜柑のスイーツで満たす』(2点減点)
金子恵美@19/12/5●『小春日や夫も鏡に試着室』凡人3位57点→凡人4位52点『夫という鏡小春の試着室』(5点減点・降格)
福田麻貴(3時のヒロイン)@21/1/28●『寒暁やバックミラーの父のクマ』才能アリ2位70点→凡人60点『クマ深き父寒暁のバックミラー』(10点減点)
片瀬那奈@21/3/4●『朝月夜濡れ髪乾く春疾風』凡人4位40点→才能ナシ35点『春暁の月を横目にドライヤー』(5点減点)
高岸宏行(ティモンディ)@21/6/17●『夏の朝丸太をもってはおろしては』才能アリ1位70点→凡人?点『夏の朝丸大かついでランニング』(減点)
鈴木絢音(乃木坂46)@22/8/11●『琉金の絵はがき二枚かき氷』才能アリ2位70点→才能ナシ2位35点『かき氷さくさく絵はがきは琉金/絵はがきを買う琉金とかき氷』(得点半分により35点減点・降格)
RG(レイザーラモン)@24/2/22●『朧月負けたらあかんで東京に』才能アリ3位70点→才能ナシ5位3点添削不可能(67点減点・降格)
---------------------------------------------------------------------------------------------
◇今回は添削すらされないほど夏井先生を激怒させた2句を詳しく紹介します。

●お題:雪だるまのある風景
擬人化で 冬の孤独を 消す家主」 羽田圭介

【本人談】
写真の奥の方の(かやぶき)の家に最初に目が行った。
手前の雪だるまを擬人化してハートウォーミングな感じにすることをみんなやるだろうなと思った。
それをあの家の主がへらへら笑っていると思うんです。
でも馬鹿にしつつも雪だるまに頼っているところがあるという……。

浜田 僕は何を言っているか全然分からない。

ナレーション
恋人に見立て作られた雪だるまをからかって馬鹿にしつつも、自分の孤独を紛らわせてもいるという作者の複雑の心情を描いた一句。

夏井先生
「冬の孤独」という言葉をよく持ってきた。「冬」が単独な季語になる。
冬の孤独を何かを擬人化して話しかけたりすることによって、消そうとしている家主がそこに存在する。
たったこれだけの言葉で短編小説になりそうな内容をドスンと置いてくる。
この発想はさすが小説家。

■査定結果
特待生から降格

理由:十七音の器の量が分かっていない

夏井先生
何十枚の小説になりそうな内容をグシャっと叩き込んでいる。
小説家の性と言えばそうかもしれない。
最も問題なのが、「擬人化で」という上五のヘタクソさ。
「擬人化で」では何一つ映像は述べられない。何をどう擬人化したのか映像として語ってもらわないといけない。
さらに「家主」もわかるが、なんでここで家主が出てくるのか。「男」でも全体の雰囲気はそんなに変わらない。
要は、十七音の器の分量が分かってないから、己の小説を書くかのような行為をぶつけて俳句の器を粉々に壊した。
降格していただいて、一から出直してください。

本人 一週だけ持ち上げられてすぐ落とされるなんて…

添削不可能

●お題:茶畑と新幹線
新茶踏み 鉄の白竜 まっしぐら」 東国原英夫

【本人談】
(観客が)「おーー」と言ってたけどホントにわかるの?

泉谷しげる(いけばな特待生) 「鉄の白竜」がいいね。

本人 この新幹線をどうやって表現するか一番苦心した。

泉谷 ただ「新茶踏む」っていうのがやだな。

本人 だから「新茶」が自然を文明が踏んでるんです。つまり自然を壊してるんです。

泉谷 うるせーよ!

夏井先生
相変わらず大胆なダイナミックな比喩が浮かんでくるんですかね。この人の頭の中にはね。
スゴイですよ。新幹線を「鉄の白竜」に例えるのはなかなかできそうでできない。
下五の「まっしぐら」の描写も中七の比喩に効果的。
ただの竜ではなく「白」の一字が入ることで、背景となる茶畑の季節のイメージ(緑)と色彩的な対比にもなっている。
ダイナミックな発想をさせたらこの人の右に出る人はなかなかいない。

本人 オホホホホホ(上機嫌)。

■査定結果
5級へ1ランク降格

理由:憤りすら感じる

浜田 先生の…先生のフリが凄かったね。

本人 あれは酷いよね。

カズレーザー 先生バラエティー上手過ぎません?

夏井先生
中七と下五は素晴らしい。許しがたいのが上五。「新茶踏み」?
「新茶」というのは夏の季語で、茶摘みが終わって製品になって頂きましょう。今年のお茶のできはいかがでしょうと。
あれが新茶。それを踏むというのは、お茶農家の皆さんに対して大変失礼。
(レールに並べられた茶碗を新幹線が踏むイメージ画像が出る)
しかも「鉄の白竜まっしぐら」という素晴らしい大胆な比喩があるのに、「踏む」という小さな擬人化を重ねている。
これによって、比喩と擬人化が十七音の世界の中でお互いに殺し合ってしまう。
これは、新茶を馬鹿にして自分の努力をドブに落としたと。そういうことでございます。
歳時記をちゃんともう一回読んで、季語を勉強して出直してください。

浜田 東さんここまで来た人だから、先生もあれくらいじゃないと許せないですよ。

本人 (出演者に)俳句ってこういうもんなんだよ。甘くみちゃいかんよ。

添削不可能



関連記事
スポンサーサイト



コメント

犬山紙子の件

今年の5月に放送された犬山紙子の俳句が、
降格査定になっています。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございました。
一斉昇格試験の降格句は通常より査定基準が厳しいため掲載を見送っていましたが、次回更新で一覧を作りたいと思います。
ご指摘の点修正致します。

> 梅沢さんと東国原さんにもう一つ降格がなかったかな?3年前の9月に行った一斉査定で降格されたんですよね。
> あと志らくさんも降格されました。

梅沢さんと東国原さんにもう一つ降格がなかったかな?3年前の9月に行った一斉査定で降格されたんですよね。
あと志らくさんも降格されました。

Re: No title

鍵付コメントありがとうございました。
ご指摘の件ですが、通常回に限って掲載しているため載せておりませんでした。
表記修正致しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プロキオン

Author:プロキオン
俳号「白プロキオン」。全てのブログ記事を編集しています。
毎度閲覧いただきありがとうございます。時間があるときにでもどうぞ。
全俳句を掲載してほしいなどのリクエストはコメントしていただけると助かります。

ツイッターでは番組の放送予告などをツイートしています。以下リンクからどうぞ。
プロキオン
***
番組公式ツイッター
***
着流きるお氏(プレバト兼題で俳句を独自査定する若手俳人・ブログ編者とは無関係です)
***
夏井いつき氏(プレバト!!出演の俳人)

人気記事ランキング

↓訪問者数です