fc2ブログ

記事一覧

【春光戦決勝】20200409 プレバト!!俳句紹介【不動産屋】

2020年4月9日放送 プレバト!! 俳句春光戦決勝結果まとめ
年4回の改変期に選ばれし優秀者のみが参加を許される群雄割拠な争いの俳句タイトル戦・決勝戦。
春の季節に行われる第4回春光戦2020・決勝で名人・特待生の面々が詠んだ俳句を紹介します。
●詳細版は今回から以下を変更します。ご了承ください。
[1]兼題写真をお題と共に掲載します。
[2]従来の編集後記に記載していた当方の句の画像掲載は、不定期となります(月に一回程度)。
[3]従来の編集後記に記載していた番組各句の講評は、本文項目ごとに【プロキオンの分析・感想】として記載します。項目をクリックするたびに開閉表示しますので、ご覧下さい。


▼予選記事は以下のページから。
春光戦予選A予選B

▼過去大会は以下のページから。
第2回 俳桜戦 / 炎帝戦予選炎帝戦決勝 / 金秋戦予選金秋戦決勝 / 冬麗戦予選冬麗戦決勝
第3回 
春光戦予選春光戦決勝 / 炎帝戦予選炎帝戦決勝 / 金秋戦予選金秋戦決勝 / 冬麗戦予選冬麗戦決勝

※タイトル戦データはこちらのまとめ記事も

●お題:不動産屋さん
不動産屋の兼題

○決勝進出者○1位2位3位4位
シード権(前回)横尾東国原村上梅沢
予選Aブロック藤本岩永鈴木
予選Bブロックジュニア中田千賀

●見届け人→立川志らく名人、森口瑤子、北山宏光(Kis-My-Ft2)

4位までが次回シード権獲得

1位東国原英夫名人10段★2まるでシンバル移り来し街余寒まるでしんばるうつりきしまちよかん
2位藤本敏史(FUJIWARA)名人10段1DK八重桜まで徒歩二分わんでぃーけーやえざくらまでとほにふん
3位中田喜子名人4段若芝に大の字身ひとつの移住わかしばにだいのじみひとつのいじゅう
4位岩永徹也2級枳殻の棘や引き篭りの寝癖からたちのとげやひきこもりのねぐせ
5位千賀健永(Kis-My-Ft2)名人初段二合炊鳴って新居の日永かなにごうだきなってしんきょのひながかな
6位村上健志(フルーツポンチ)名人10段★2ネーブルの君の爪痕から潤むねーぶるのきみのつめあとからうるむ
7位千原ジュニア名人初段ボクサーの決意の引っ越し夏隣ぼくさーのけついのひっこしなつどなり
8位横尾渉(Kis-My-Ft2)名人4段夕桜新居の床に宅配ピザゆうざくらしんきょのゆかにたくはいぴざ
9位鈴木光3級ゴッホのごとく引越し春雲追ふごっほのごとくひっこししゅんうんおう
最下位梅沢富美男名人10段★4風呂なしの四畳一間の三葉芹ふろなしのよじょうひとまのみつばぜり
順位発表順:5位→6位→4位→7位→3位→8位→2位→9位→最下位→1位
編集後記

◆挑戦者語録(VTR)
梅沢名人 常に私は自信がありますよ。やっぱりほら、モノが違うから。私は、人に負けるような俳句詠んだことは一度もありません。
鈴木 一応攻めて俳句は作れたと思うので、順位がついてくればいいなって思ってます。

◆発表待ちシートにて

***

◆それでは順位別にみていきます

1位◆『まるでシンバル 移り来し街余寒 東国原英夫
本当に見事な一句。比喩と取り合わせの距離感の塩梅が難しいが、大変上手い。「移り来し街」で引っ越した街がまるでシンバルのようだという状況がいえる。音の響きが不安感を掻き立てる街。季語を信じているから、「余寒」と投げ込んだ瞬間に再びシンバルの音が鳴る感じ。ここまで作れたら気持ち良い。やっぱりさすが。

余寒】春の季語
冬が終わり春になってもまだまだ寒い様子


【本人談】
発想は梅沢名人と同じ。18歳で宮崎から上京した。その時の東京がまるでシンバルの様だった。つまり、平板で冷たく賑やかしく騒がしい。破調にして不安感を出した。

梅沢名人 モニタリング(別番組)に出ます。
一同 (笑)
本人 そこは重なってないから、裏(番組)じゃないから。
ジュニア名人 同じ局ですやん。
藤本名人 この番組の後だから、別に出れるんですけどね。
村上名人 時間違いです。
本人 (元気なく)この後、時間違いで出ます。

夏井先生 
本当に見事な一句
比喩は分かり過ぎるとつまらなく、離れすぎると分からない
この間の丁度良いが難しいため、比喩は手馴れになってからやるべきと教える先生もいる。
比喩からきて、「移り来し街」で引っ越した街がまるでシンバルのようだという状況がいえる。
「ジャーン」と鳴る音の響きが不安感を掻き立てる街なんだなと分かる。
残りは3音しかない。「余寒」という季語を信じているから、最後季語を投げ込んだ瞬間に再びシンバルの音が鳴る感じ
ここまで作れたら気持ち良い。やっぱりさすが。

本人 ありがとうございます。
浜田 東さん、おめでとうございます。素晴らしい。

添削なし


2位◆『1DK 八重桜まで 徒歩二分 藤本敏史(FUJIWARA)
兼題写真に真っ向から挑んだ。ベタな言葉を拾い、中七の季語を含むフレーズでオリジナリティとリアリティを出す勝負に出た。よく思い切った。八重咲の華やかさや存在感がある。遅い時期に咲くため、物件探しをする人物の時期が明確になる。3つの数字を散りばめ、それぞれ別の意味を持つために互いに邪魔をしない。この手は何度も使えないが、上手く捕まえた。

【本人談】
兼題写真のように不動産屋の入口には、物件案内が色々と貼ってある。間取りや㎡数(へいべいすう)とか駅まで2分とか。「八重桜まで徒歩二分」と表記している物件案内があればオシャレで面白いかなと思った。

森口 チラシ通りの名詞ばかりの句なのに、情景が一発で分かって、下手したら道すがらに川が流れているんじゃないかとか、そういう所まで行く。素晴らしい、大好きな句です。
本人 川は流れてないんですよ、すいません。僕の中で~。
浜田 ええやないか。流れてるでええやないか。
本人 流れてないのよね~。
ジュニア名人 「流れてる」でええねん。
本人 すいません、何か。
ジュニア名人 だから、今まで3LDKだったのが1DKに…。
本人 いらんこと言わんでエエねん!(笑) すぐヒモづける~。
ジュニア名人 心中お察ししますわ。
本人 すぐヒモづけんだから、彼。

夏井先生 
兼題写真から離れようと一生懸命になる(発想を飛ばそうと工夫する)人が多い中、逆に「1DK」「徒歩二分」と兼題からいうとベタな言葉を拾った
季語「八重桜」を含むフレーズだけでオリジナリティとリアリティを出す勝負に出た
これが楽しく、よく思い切った。
別の季語でも良いが、八重咲の華やかさや存在感がある。
八重桜】春の季語
八重咲きになる桜 開花時期は4月中旬~5月上旬

そして、ソメイヨシノより少し遅く咲くため、この時期に物件探しをするのはどんな人なのか?と、人物の時期が明確になる
さらに、「1」「八」「二」と3つの数字を散りばめたのが面白く、それぞれ別の意味を持つため互いに邪魔をしない
この手は何度も使えないが、上手く捕まえた。

本人 うわ~、嬉しい。

添削なし


3位◆『若芝に大の字 身ひとつの移住 中田喜子
芝の上に大の字になる発想は新鮮な表現ではないが、後半で状況を描き切るのは上手い。「大の字」は実際の自分の生身の身体。「身ひとつ」は身体1つでという状態・状況を表現し、意味がささやかに響き合う。「若」は大事な押さえで、希望を抱く若者の印象を表現した。季語を主役に立て、工夫も成立した。

※上級者向けの破調の句で見事に成功。

【本人談】
過疎の村で家具家電付きで移住希望者に用意された一軒家がある。そこに応募した若者が「長閑な村に来た!」と寝転ぶ様子を表現。

鈴木 とっても映像が瞬間的にパって浮かぶなぁと思って…。
本人 (喜んで)そうそう。
鈴木 「身ひとつ」で例えば、学生なのか、若い人なのか?と想像が広がったりして…。
本人 (拍手して)素晴らしい。
鈴木 「大の字」に広がる光景も本当に素晴らしいなって思いました。
本人 ありがとうございます。

夏井先生 
芝の上に大の字になる発想は決して新しい表現ではないが、後半だけで状況を描き切るのは上手い
大の字」は実際の自分の生身の身体。「身ひとつ」は身体1つでという状態・状況を表現し、意味がささやかに響き合う。企んでやったに違いない。
さらに、「」の一字は大事な押さえで、「枯」なら逃亡者の話になる。
「若」で「よし!」と希望を抱く若者の印象を表現した。
季語を主役に立て、工夫も成立させた。これは褒めましょう。

本人 ありがとうございます。アハハハハ。

添削なし


4位◆『枳殻の棘や 引き篭りの寝癖 岩永徹也
「枳殻の棘」を季語と認めるかは考えるべきで、木に対しては季語と言わない。この句は無季の句と受け止めたい。「や」で「棘」を強調し、引きこもる人物の人を拒絶する棘や、自身を責める棘を想像させる。上五と「引き篭り」をくっつけて読むと奥行きが広くなる。意欲的で嬉しい。

※五七五の定型にとらわれない破調の句。

【本人談】
家へと発想して、引きこもりの様子を詠んだ。白い花を咲かせるカラタチの鋭い棘(とげ)が、引きこもりの大事なあらゆるものに尖って守る感じを、髪型の整ってない感じに重ねた。
枳殻(からたち)
ミカン科の落葉低木 鋭い棘が特徴


梅沢名人 大したもんだ。これは、夏井先生にチャレンジしたんじゃないですか。季語「枳殻の花」なら春の季語なんですよ。「枳殻の棘」が季語になるかどうか。
東国原名人 (小声で)おっしゃる通り。
梅沢名人 棘が刺さってますから、季語っちゃ季語なんでしょうけど、これを先生が、「季語のない句」と言うのか、これでも「季語なんですよ」と言うのか、こういう所が大したもんだ! 村上、これが俳句だよ!お前みたいにダラダラ文句言って、この謙虚シャ!
一同 (笑)
ジュニア名人 「謙虚シャ」?
梅沢名人 ちょっと舌が回らなかったの。

夏井先生 
おっちゃん偉い。本気で勉強している。ささやかな感動を覚えた。
この句の大事なポイントがそこにある。木に対しては季語と言わない
樹木では花や実がつく季節が季語となるのが、俳句での一般的な考え方
「枳殻の」は春の季語、「枳殻の」は秋の季語。
「枳殻の棘」は無季の句と受け止める人の方が多い。そこを踏まえておく。
「や」で上の言葉「棘」を強調し、引きこもる人物の人を拒絶する棘や、自分自身を責める棘を想像させる
上五と「引き篭り」をくっつけて読むと奥行きが広くなる。
意欲的で嬉しい


ジュニア名人 いや~凄いな。
本人 やりました。

[ここがポイント]
樹木が季語になるとき
※一般的に樹木はそれだけで季語とならないので、注意が必要です。「樫(かし)の花」(春の季語)、「桑の実」(夏の季語)、「杉の実」(秋の季語)、「柊(ひいらぎ)の花」(冬の季語)など、「花」や「実」をつけて、初めてその時期の季語となります。

添削なし


5位◆『二合炊 鳴って新居の 日永かな 千賀健永(Kis-My-Ft2)
そつなく出来た。季語で老夫婦が退職金で新居を建てたのかと思わせる爺さんの句。大学生の空気を醸し出すなら下五は工夫できたが、ここまで来たら上等。

日永】春の季語
春になり昼の時間がのびてくること


藤本名人 あぁ、良いですね。
梅沢名人 良いねぇ。

【本人談】
木造アパートの2階に初めて住んだ大学生の休日をイメージ。独り暮らしで2合炊きの炊飯器が鳴ってご飯を食べる昼が凄く長い。

志らく名人 「二合炊」というのが良いですね。それで1人というのが分かるので。これ「五合炊」にしたらファミリーなんだなと。
藤本名人 これ、大学生?独り暮らしの?
本人 はい…ていうイメージです。
藤本名人 あぁ。オレのこと詠んでるのかなぁと。
一同 (笑)
浜田 おい。
ジュニア名人 過剰や。
藤本名人 俺の事じゃないよね?
本人 じゃないですね。
梅沢名人 食欲ないから1合でいい(笑)。
藤本名人 食欲メチャクチャあるわ!
梅沢名人 あ~そう。

夏井先生 
そつなく出来た。添削する箇所は全くない
作者が(若者と)判明してビックリした。
二合炊」の後に季語「日永」がくるため、そんなに沢山食べられなくなった老夫婦が退職金で新居を建てたのかと思わせるのが、この季語の効果。
最初に読んだとき、爺さんの句だと思った。
添削する必要はないが、大学生の空気を醸し出すなら下五は工夫できた
ここまで来たら上等。

本人 ありがとうございます。
ジュニア名人 すごい!
藤本名人 5位か、それでも。
ジュニア名人 それでも5位か~。

添削なし


6位◆『ネーブルの 君の爪痕から潤む 村上健志(フルーツポンチ)
兼題からの勝負・発想の仕方はさすが。立てた爪からの小さな飛沫と香りが弾けるように広がるのは素敵。問題点は上五の助詞で正解は「は」。「の」は"ネーブルのような君"と誤読を生む。"ネーブルという物は"で良く、季語を強調し、君の爪痕から香りを立てるような果実だという語りになる。季語と「君」両方とも主役で活きる。今回は考えすぎ。

※「ネーブル」が春の季語。

梅沢名人 ははっ、バカヤロー!
一同 (笑)

【本人談】
同棲生活にイメージを飛ばした。意味としては、ネーブルに君が爪を立てて剥こうとしている情景。君という存在がいることで、当たり前のことが際立ってくる。凄く小さな世界だったはずだが、爪を立てたところから果汁が出て、ネーブルの春の香りが辺りを包む。「あら大きな世界になった」という良い俳句だと思う。

森口 いやらしい~!
志らく名人 ハハッ。
浜田 さっきもう6位に決まった時、「ウオ~!」と言った東さん。
東国原名人 今回、僕ちょっと(上五の)「の」が気になる。
梅沢名人 素晴らしい。
東国原名人 この助詞が気になります。色々な意味に捉えられるから。
浜田 梅沢さんも同じ意見ですか。
梅沢名人 当然です。この程度の俳句でよく不貞腐れてられるな!お前は。
一同 (笑)
梅沢名人 「ネーブル」と。なんで「の」なんだよ。
本人 (不貞腐れて)だって、「」にしたら一般論になるんで、”君が剥いているそのネーブルは爪痕から潤む”ってしたかったんです!
梅沢名人 「は」で良かったんじゃねえか!
浜田 ケンカすなよ~。
村上名人 「は」はだって、「ネーブルという物は」…。
梅沢名人 あ~そうかい。ずっとそこにいろ!
一同 (笑)

夏井先生 
面白い議論。この句は良い所が沢山ある。
兼題写真から「ネーブル」という物だけで勝負した。
その勝負・発想の仕方はさすがで、中々ここまでやりにくい。
最も褒めるべきは最後の動詞「潤む」で、立てた爪から飛ぶ小さな飛沫(しぶき)と香りが弾けるように広がるさすがで、素敵
浜田 何が悪いんですか~?
夏井先生 
問題点は東国原・梅沢名人が指摘した上五の助詞「の」。たった一音。
正解は「」。
浜田 あら、すげぇ。
→梅沢名人がピーズサイン
夏井先生 
」だと東国原名人の言う通り、別の読み方にとられる可能性がある。"ネーブルのような君"と誤読を生み、意味に幅がある。
"ネーブルという物は"で良く、「」で上の季語を強調する。取り出して指を差す。
君の爪痕から香りを立てるような、そういう果実だ”という語りになる。季語「ネーブル」が主役になり、「君」も一緒に活きてくる。
「は」なら、上位陣の争いに残ったはず。今回は考えすぎ。

本人 ツライです(笑)。
梅沢名人 何がツライんだよ!
本人 どんだけ考えてきたと思ってるんだよ~。
一同 みんなや!
本人 絶対オレの方が考えてる。
ジュニア名人 そりゃ時間があるからな。
梅沢名人 お前ヒマなだけだろ。
本人 マジでホントに、春夏の(優勝した)分の30万だけください!
浜田 何でやねん。
本人 おかしいもん、秋から始まってんの。

添削後
ネーブル 君の爪痕から潤む


7位◆『ボクサーの 決意の引っ越し 夏隣 千原ジュニア
中八は勿体ないが、削る箇所もない状況の句。中八の緩和・ごまかし方として切れを入れて句またがりにする。音数は1音多いが、対句表現のリズムに。時候の季語で終わる語順だと、映像が少ない印象が残るが、引っ越しの慌ただしさが映像化でき、得することが増える。

夏隣】春の季語
夏の気配が感じられる春の終わり


藤本名人 「ボクサー」とか「ナナハン」とかカッコイイ単語好きやな~。
東国原名人 ハードボイルドだね。

【本人談】
試合が決まったボクサーが、「ここは一発」と家賃が高い場所に引っ越して「絶対に勝つんだ!」と意気込む人を何人か知っている。その思いを。

志らく名人 中八(中七の字余り)がちょっとだけ気になりますね。なぜ中八にしたのか?
村上名人 (笑いをこらえて)あの~…まあ、ごめんなさい。あの、映像がないんですよね。あの「決意」を言わずに、映像が出せたら最高なんですよ。
浜田 腹立つ。
→ボクサーのごとく本人から腹に一発入れられる村上名人は椅子から転げ落ちる
村上名人 やめて~。

夏井先生 
中八は勿体ないが、削る箇所もない状況の句。
「決意」を言わずにとも考えられるが、中八の緩和・ごまかし方として、「決意」に切れを入れて句またがりにする方法がある。
後半を「夏隣の引っ越し」とする。
音数は原句と同じで1音多いままだが、対句表現(●●の××、○○の▲▲)のリズムになる。
時候の季語で終わる語順だと、村上名人の指摘通り映像が少ない印象が残る
最後に「引っ越し」とすれば、引っ越しの慌ただしさが映像化でき、得することが微量増えてくる

本人 そんなん~、知りませんもん~。
一同 (笑)

添削後
ボクサーの決意 夏隣の引っ越し


8位◆『夕桜 新居の床に 宅配ピザ 横尾渉(Kis-My-Ft2)
問題は2つ。下五の字余りの必要性で、「宅配」と書かずとも思わせればよい。「新居」は引っ越し当日の作業が終わらないイメージというより、友達数人と床でパーティするようにも読め、慌ただしさが微量足りない。本人が語った荷物をほどくことを書き、床の荷物との間にピザが広げる映像を。

【本人談】
引っ越しでバタバタして御飯も食べずに「お腹減ったな」と夕方にピザを頼んだが、段ボールの中身を出してない状況のため、床で仕方なく食べる状況。

梅沢名人 下五がね、6つ(音)になっちゃったから。この辺がまだジュニアなんでしょうね、プレバトジュニア。ミスタープレバトになるのかな…と期待しておりましたけど。
浜田 「ジュニア」言うてもうたから、間違えられたかな?と思ってすぐ!(言い直した)

夏井先生 
問題は2つある。下五の字余りの必要性という梅沢名人の指摘。今日のおっちゃんはいつになく冴えている。
「宅配」と書かずとも思わせればよい。それが1点。
さらに、「新居」では、引っ越し当日の作業が終わらないイメージが表現できてないのが勿体ない。
新しい新居に行き、友達数人と床で楽しくパーティするようにも読めてしまい、慌ただしさが微量足りない。
ちょっと慌ただしくするだけで、2点とも解消できる。
本人が語った”荷物をほどく”ことを「荷解く」と書き、最後は「広げ」とする。
床の荷物が映像として見えてくる。その間にピザが広げる映像になり、言いたいことは全部入る

本人 調子に乗ってましたよね、1位になって。あと、プレッシャーに負けました。
一同 (笑)

添削後
夕桜 床に ピザ


9位◆『ゴッホのごとく引越し 春雲追ふ 鈴木光
作者にビックリした。兼題写真から「ゴッホ」は中々出ない。攻めた挑戦は強く褒めたい。「春雲」の音の響きと「ゴッホのごとく」のイメージが展開としてそぐわず、水色の空の柔らかい雲のイメージが損。前半の比喩を活かすなら上五字余りとし、一回カットを切って、最後を柔らかく流すと季語が活きる。季語に「の」を入れると主役が半歩前に出る。

【本人談】
美大(美術大学)の知り合いをベースに作った。題材を探すためか頻繁に色んな所に引っ越す。それが、生涯に30回以上引っ越したゴッホのようで、雲を追うような生活だと思った。

梅沢名人 まぁね、光ちゃんもほら…村上を師匠なんて言ってるから、こういう句詠んじゃうの。
本人 すいません。
梅沢名人 「ゴッホのごとく」って、私もゴッホのこと知りませんけど、いっぱい引っ越したらしいですよ。ゴッホさんは。
ジュニア名人 聞きましたやん。
藤本名人 言いました、光ちゃんが。
梅沢名人 でも、やっぱそれも…それも引っかけたのよね?
本人 そうですね。
ジュニア名人 言いましたやん。
村上名人 それを言ってたんです。
ジュニア名人 何を聞いてるんですか?
浜田 (梅沢の心境は)もう人の句はどうでもいい!
一同 (笑)
藤本名人 そのまま言っているから、もう。

夏井先生 
攻めていると思う。こういうチャレンジをするのは誰かと思っていたので、作者にビックリした。
兼題写真から「ゴッホ」は中々出ない。下手に置きに行く句を作ってはダメで、若い人はドンドン攻めていかないと。その挑戦は強く褒めたい
意図は悪くないが、「春雲(しゅんうん)」の響きと「ゴッホのごとく」のイメージが展開としてそぐわない
季語の響きで勢いが出ると思ったかもしれないが、「春雲」は水色の空の柔らかい雲のイメージがあるため、少し損した。
「ゴッホのごとく」の比喩を活かすなら上五字余りとし、「引越す」で一回カットを切った方が良い
春雲(はるぐも)を追うて」と最後を柔らかく流すと季語が活きる。
最後の展開は、「春の雲追うて」と季語に「の」を入れる考え方もある。ゴッホを活かしつつ、季語が主役に半歩前に出る
こういうことをやってくれてこそ。無難にチマチマすると先が見えてこない。

梅沢名人 村上ですね。
村上名人 オレのメチャクチャ攻めてたでしょ。
夏井先生 あれは大して攻めてはなかったけど。
一同 (笑)
村上名人 先生!先生!

[ここがポイント]
春雲と春の雲
※「春雲」も「春の雲」も同じ情景を表す季語ですが、口に出すと「春の雲」の方が柔らかい印象を受けます。異なる読みがある時は、イメージに近い読み方を選びましょう。

添削後
ゴッホのごとく引越 春雲(はるぐも)
『ゴッホのごとく引越 春の雲追



10位(最下位)◆『風呂なしの 四畳一間の 三葉芹 梅沢富美男
助詞「の」で繋がるため、三つ葉をおひたしにしたかと誤読される。肝心の三葉芹をコップに挿すことが書かれておらず、どのようにも解釈できる。清く貧しい生活や美しい心根があるのが、この句の大事な部分でそれが表現できていない。間取りの説明で字数を使い過ぎ。タラタラ説明している。これは仕方ない、10位です。

本人 まあ、最下位の句ですから。何言っても皆さん感じないでしょうけど…。

【本人談】
人生を詠んだ。15歳で田舎から東京に出て、17歳で初めて自分の部屋を持った。四畳半で自炊し、お年寄りは良く分かっていると思うが、三つ葉をコップの水に入れると増える。自分もいつかは三つ葉のように沢山の大輪の花を咲かしてみせるぞという決意を詠んだ。

本人 その通りにはなりましたけど(笑)。ま、最下位ですから。最下位の人が一番高い着物を着ているんですから(笑)。
ジュニア名人 いくらするんですか?
本人 これ150万円。
浜田 あら~。
梅沢名人 去年母親が死んだんです。その一週間後にこの着物が届いたんです。「梅沢さんのためにお母様が作っておいたんですよ」と。母親が作ってきれた着物を晴れの舞台に着ているんだよ!
藤本名人 着物関係ない。

夏井先生 
着物はさておき。作者の話は想像通りだった。
助詞「の」で「三葉芹」に繋がるため、三つ葉をおひたしにしたのか? おすましに浮かべたのか?と誤読される。
肝心のコップに挿すことが書かれてない買ってきてちょいと置いてあるのか? どのようにも読め過ぎる。
三葉芹をコップに挿しているほど、清く貧しい生活や美しい心根があるのが、この句の大事な部分でしょ、おっちゃん。
本人 そうです。
夏井先生 そうなら、書かないといけない。分かる?
本人 分かってますけど。
夏井先生 やれよ(怒)
藤本名人 どこにもケンカ売りますね~。
夏井先生 三葉芹を挿したんでしょ?
本人 はい。
夏井先生 挿せよ(怒)
「三葉芹挿して」と書く。さらに、間取りの説明で字数を使い過ぎ。不動産屋じゃないんだから。
本人 ウチの母ちゃんの親父が不動産屋なんだよ!
夏井先生 黙れ、もう。
「風呂なし」。今自分で言った。四畳じゃない、四畳「半」なんでしょ。
本人 はい。
夏井先生 
「四畳」と言った通りに書く。これで言いたいことは伝わる。タラタラと間取りの説明にこんな言葉を使って
これは仕方ない、10位です。

本人 今月は忙しかったんだよ!
一同 (笑)
浜田 そんな言い訳ある?

添削後
三葉芹 して風呂なし 四畳


***
玉巻アナ さあ、浜田さん。夏井先生から追加の査定結果が出ております。
浜田 え、どういうことですか?
玉巻アナ 今回も夏井先生に次回(夏)のタイトル戦が予選免除となるシード権のボーダーラインを決めていただきました。
ジュニア名人 9位、9位から上!
→鈴木と梅沢名人との間と主張するジュニア名人
浜田 アハハハ。
藤本名人 9位から上はないやろ。
浜田 4位まで!
→優勝した東国原名人、2位・藤本名人、3位・中田名人、4位・岩永がシード権を獲得
一同 うわ~!
玉巻アナ 2020年・春光戦を制した東国原英夫さんには、賞金30万円とトロフィーを浜田さんから贈呈して頂きます。
浜田 東さん、おめでとうございました。
東国原名人 ありがとうございます。
浜田 優勝は東国原英夫さ~ん!

編集後記
※今回から、各句の講評は各順位内に記載していますので、そちらをご覧下さい。

お題は「不動産屋さん」。なかなか難しく、新生活の引っ越し、独り暮らし、上京などの思い出を詠みがちですが、実体験があるかないかも結構大きなポイント。類想を生みやすく、決勝にふさわしいお題でした。

また、記録づくめともいえるタイトル戦。東国原名人の最多優勝、中田名人の最高位(3位)もそうですが、特筆すべきは初決勝・岩永さんのシード権獲得ではないでしょうか。また、下位3名は最低順位を更新する屈辱を味わっています。過去最高レベルの熾烈な戦いになり、先生も順位付けに苦慮されたのではと思われます。

そして、今回は無観客での収録が行われ、新型コロナウイルスの影響が甚大となっています。4/13現在、東京など7都府県に緊急事態宣言が発令され、全国の感染者数も7000名を超えています。今後、収録にも大きく影響しそうですが、とにかく自身や周囲の生命を守ることを第一に行動していき、早期の終息を願うばかりです。

最後になりますが、当ブログは4月で3年目を迎えました。皆様、ご覧いただき本当にありがとうございます。NHKの「チコちゃん~」と同じです(知名度とか全く異なりますが)。これからも細々と続けていきたい所存です。
(今回は当方の句はございません)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re: タイトルなし

あゆ様

いつもコメントありがとうございます。

>タイトル戦では「予選1位通過の決勝最高順位」を、昨年春の鈴木光さんを大きく超える2位でしたね。
確かにフジモンさんは予選参加者からの下剋上と言う点では最高記録でしたね。炎帝戦制覇の記録で見落としておりました。

>テロップも変わったプレバトの今後が楽しみです。
順位表記などフォントや色合いも変更していましたが、スタジオ内の装飾も新しくなりました。個人的には夏井先生の解説部屋が桃色系統で豪華絢爛になり、緑の黒板でなくなったのが最大のビックリです。次回以降も続くのでしょうかね。

>着流さん・シュルクさん共に10段を名乗っていましたが句の腕はどうなのでしょうか。番組にいたらどこら辺になるのかも気になるところです。
2名とも俳句は相当詠んでおられるようです。当方は実力について申し上げる立場にございませんが、タイトル戦でどの順位に入ったかなどの独自査定をツイッター上でされてますので、たまにでも覗いていただくとよろしいかと思います(2名とも個性的な方です)。

編集お疲れ様です。
また、編集後記の俳句講評枠を、句ごとに変えたのは良いと思います。これからも頑張ってください。


全体的にハイレベルの極みともいえる今大会でしたが、私が特に取り上げたいのはフジモンさんとジュニアさん、あと梅沢御大ですかね。

フジモンさんは前までに戻った、というのもありますが、予選は比較的攻めた型、決勝は自分の持ち味を活かすと本人の宣言通り「ニューフジモン」でしたね。これから☆を獲得して欲しいところです。あと、プロキオンさんは触れられてませんでしたが、タイトル戦では「予選1位通過の決勝最高順位」を、昨年春の鈴木光さんを大きく超える2位でしたね。予選と決勝の時期をずらした事による恩恵でしょうか。


7位の千原ジュニアさんは、かっこいい言葉が好きな一方で、ここ最近は詰めが甘い印象。今回は「基本の型」でしたが、名人昇格句「冬うらら」辺りからその傾向がありますが、もう少し挑戦して欲しいところ。


梅沢さんがまさかの最下位でしたが、プレバトに出過ぎなのかなと思いました。私は査定などは分かりませんが(※先日着流さん、シュルクさん等Twitter覗きましたが私には高尚ですので傍観しておりました。読み解く専門みたいなところがあるので。)流石に約2ヶ月休みなしで句を作るとなると疲れちゃったのかな、と思いました。



毎度長々と語ってしまいすみませんでした。
シード権保持の4人中3人が次回予選からという、「波乱」そのものの大会でしたが、「波乱」度が強いときの優勝は東さんなイメージがついてきました。(昨年秋など)
逆に、優勝者が波乱なときは、その他は割と順当な印象です。

テロップも変わったプレバトの今後が楽しみです。
また、プロキオンさんの俳句もボチボチ楽しみにしています。
ところで着流さん・シュルクさん共に10段を名乗っていましたが句の腕はどうなのでしょうか。番組にいたらどこら辺になるのかも気になるところです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プロキオン

Author:プロキオン
俳号「白プロキオン」。全てのブログ記事を編集しています。
毎度閲覧いただきありがとうございます。時間があるときにでもどうぞ。
全俳句を掲載してほしいなどのリクエストはコメントしていただけると助かります。

ツイッターでは番組の放送予告などをツイートしています。以下リンクからどうぞ。
プロキオン
***
番組公式ツイッター
***
着流きるお氏(プレバト兼題で俳句を独自査定する若手俳人・ブログ編者とは無関係です)
***
夏井いつき氏(プレバト!!出演の俳人)

人気記事ランキング

↓訪問者数です